取引所

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみたので、初めてやってみる方、本当に送金方法があってるか不安な方は、確認目的でお読み下さい。

なお、Gate.io(ゲート)では「出金」が違う取引所やウォレットにコインを送る意味で、「送金」が同じGate.io(ゲート)内の、違う口座に資金を移動させる意味になるので気をつけましょう。

最終目標

Gate.io(ゲート)にある仮想通貨を、スマホアプリのSafePalウォレットに出金する

  • Gate.io(ゲート)の出金画面の見方
  • SafePalウォレット側の操作

入金先であるSafePalウォレットの操作

まず、最初にSafePalウォレットで、受け取りたいコインの下準備が必要。

めっちゃカンタンなので、この通りやればOKです。

SafePalウォレットの操作:①コインの追加をする

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

 

SafePalウォレットのアプリ画面、左下の「財布」アイコン。

その後、右上の「+」でコインの追加へ。

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

 

Gate.io(ゲート)から受け取りたい通貨を探してチェックを入れる。

コインのアイコンで見当たらない場合は検索窓に入力してみるか、トークンコントラクトアドレスをペーストする。

トークンコントラクトアドレスの探し方は、SafePalウォレット内の「CoinGecko」「BscScan」「Etherscan」から探す。

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

トークンコントラクトアドレスは、基本的にこの3つのアプリからみつかるハズ。

SafePalウォレットの操作:②「受け取る」でアドレス表示

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

 

例えば、10SETという仮想通貨を送るなら、「ウォレット」→「10SET」

そして「受け取る」をクリック。

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

SafePalウォレットの10SETを受け取るためのアドレスを「コピー」

SafePalウォレットの操作:③コピーしてGate.io(ゲート)の出金画面でペースト

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

PCのGate.io(ゲート)から操作する予定の場合は、コピーしたアドレスを自分宛のメールなどに貼り付けて送り、PC側でそのメール開いて表示させればOK。

それを「10SETアドレス」と書いてある所に、ペーストでOK!

Gate.io(ゲート)のスマホアプリならここにペースト↓

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!手数料がどれだけかかるかも注目。

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットへ出金する方法

次は仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)から操作して、SafePalウォレットへ出金する手順を解説。

Gate.io(ゲート)のスマホアプリでの出金方法と、PCでの方法と両方紹介するね。

今回の方法で「手数料が高すぎる!」と感じた方は、【買い方】10SET(テンセット)をBSCのPancakeswapで手に入れる方法<仮想通貨>という記事で別の方法も紹介しています。

【スマホアプリ編】Gate.ioアプリから出金通貨の選択

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

 

「ウォレット」→「出金」

例えば10SETを送る場合なら、ここで「10SET」を選択。

【スマホアプリ編】SafePalウォレットで選択した通貨のアドレスをペースト

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

さっきのSafePalウォレットからコピーしてきた「受け取りアドレス」をペースト。

10SETの場合、チェーンネットワークは「ERC20」、選択肢としてこれしか出てこないけれど、通貨によっては選ぶ場合があるので、間違わないようにしよう。

出金したい通貨量を入力。

【スマホアプリ編】Gate.io(ゲート)のパスワード、2段階認証を入力し出金

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

 

ここではパスワード地獄が。

「資金パスワード」はGate.io(ゲート)で口座開設した時に、最初に決めてるパスだ。

「SMS認証」はスマホに届くのをコピペ。

「Google認証コード」はスマホの2段階認証「Google Authenticator」のこと。

これもコピペ。

「メール認証コード」を登録したメルアドに届くコード、コピペ。

ようやく、やっと出金へ!

お疲れさま!

【PC編】Gate.io(ゲート)から出金通貨の選択

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

PCでやる場合も、一緒だ。

トップ画面最上部、「ウォレット」から「出金」

「アドレス出金」→「通貨コード」で送りたいコインを選択。

今回は10SET。

【PC編】SafePalウォレットで選択した通貨のアドレスをペースト

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

自分宛のメルアドにSafePalウォレットからコピーしてきた、コインの入金アドレスがあるよね?

それをここの「10SETアドレス」欄にペースト。

チェーンネットワークも間違えてないか、確認。

【PC編】Gate.io(ゲート)のパスワード、2段階認証を入力し出金

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

ここでも、パスワードや認証しまくりで出金へ。

スマホアプリ同様、面倒だけれどこれで無事に終了!

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金・まとめ

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!
まとめ
  • SafePalウォレットで受け取り通貨のアドレスをコピー
  • Gate.io側の出金アドレスにペースト
  • 必ず「受け取り」と「出金」の通貨を揃えて、アドレスをコピペ
  • 必ず通貨のチェーンネットワークを確認
  • スマホアプリも便利

SafePalウォレットにはウォレット機能だけでなく、様々なアプリが使えます。

CoinGeckoやBscScanもその一つ。

更にPancakeSwapやUniswapもSafePalウォレットから利用できるので、超絶便利なウォレットなのです。

仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)からSafePalウォレットに出金してみた!

Gate.io(ゲート)からも、今回の方法でちゃんと出金できるので、いい仮想通貨ライフをお楽しみください。

私も軍資金握りしめて、がんばってみます!

ではー。