取引所

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

この記事では、「一番かんたんに」仮想通貨のETH(イーサリアム)を買う方法と、Metamaskの送金までを、初心者専用でお届けします!

 

ホントに初めてなんですけど・・
  • 初めて仮想通貨取引所を使う
  • 仮想通貨を買うのがコワイ
  • Metamaskに送れるか不安・・

 

以上のような状態の初心者に、たくさんの画像と大切なポイントを加えて、解説していきます。

このまま、マネするだけでMetamaskまでETHを送金することがでいるので、ご安心を!

偽サイトにアクセスさせて、入金した仮想通貨を奪い取る詐欺がたまにあります。

今回紹介するリンクは公式なので、安心を。

ブックマークで保存をオススメします。

検索して最初に出てくるサイトが偽物の場合もあるので、注意!(巧妙すぎる、悲)

【初心者専用】Coincheckに登録

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法画像出典:Coincheckより

最初にすべきことはCoincheckに登録して口座開設です。

それからETHを買って、Metamaskに送金する方法という流れになります。

まずは、Coincheckで口座開設をする

まずは、Coincheckで口座開設。

登録はPCから始めること。失敗が少ない。

身分証のアップロードや二段階認証設定の時だけ、スマホを使います。

→Coincheck公式サイトへ

ステップ①はメルアド登録とそのアドレスの確認。

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法 【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

 

ステップ②が電話番号認証です。

登録するとスマホにSMSでコードが送られてくるので、認証作業を行います。

 

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

 

ステップ③が個人情報の入力と重要事項の確認。

最後は「本人確認書類を提出する」へ。

 

用意するもの
  • 運転免許証、もしくは・・
  • マイナンバーカード
  • 20歳以下なら保護者に作ってもらう

 

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

 

『アプリのQRコードを表示』をクリックで、ここからスマホで写真を撮ってUPしながら進めていく。

Coincheckのアプリを使って本人確認。

便利です。

 

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

 

最後までいくと、メルアドに「口座開設申請の受付完了」のメールがきます。

ひとまず、これで終了。

3~5日で審査が通れば、口座開設完了の連絡がきます。

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

運転免許証やマイナンバーカードの撮影は、やり直しができるので、集中して丁寧にやりましょう。

「写りや角度が悪いです」という理由で再審査となると時間の無駄に・・。

やる気がなくなります、悲。

二段階認証設定はスマホアプリを使う

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

Coincheckに入金する前にやっておくべき事は、「二段階認証設定」です。

セキュリティのため、ログインしたり購入、送金する際は、毎回スマホで2段階認証をすることになります。(推奨)

「設定する」をクリックするとメールが届くので、そこから改めて設定画面へ。

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

まずは真っ先に、「2.セットアップキー」をコピーして、PCなどのメモ機能にペーストして保存。

そして手書きのメモとしても、完璧に書き写してください!

スマホで写真を撮るとさらにいいですね。

その後、スマホからQRコードを読み込むと「Google Authenticator」が起動するので、Coincheckのパスコードを確認。

 

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

 

これを「3.アプリケーションで生成された6桁」のところに入力して終了です。

Google Authenticatorは動的コードといって、数秒ごとに6桁の数字が生成されるので驚きますが、焦らずその時のタイミングで、表示されているコードを入力するだけなので大丈夫。

「セットアップキー」は超重要です!

スマホの機種変や紛失の場合、新しいスマホでGoogle Authenticatorを使うには、セットアップキーがないと復元できません。

Coincheckに資金があるのにログインできない事態になるので、最悪です。

→2段階認証の設定を引き継ぐ場合

本人確認が承認されるまでにしておくこと

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

ちなみに、身分証明書類を送って、口座開設の審査待ちには3~5日かかります。

その間がもったいないので、他の仮想通貨取引所も同じように口座を作っておくことをオススメします。

 

メリット
  1. 口座開設手順は、どの取引所もほぼ同じだから
  2. 取り扱い通貨が違うので、使い分けできるから
  3. 資金分散は仮想通貨の基本

 

同時に作っておくべき、国内仮想通貨取引所はbitbank、bitFlyer、ディーカレットあたりです。

口座開設手順も「メルアド登録」→「個人情報の入力」→「写真UPで本人確認」→「二段階認証設定」の典型パターン。

同じ作業なので、サクッとやっておきましょう。

定番の取引所

 

これらは、取り扱い通貨も手数料も違うので、慣れてくると使い分けができます。

また、普段あなたが用途別や利便性で銀行口座を使い分けているように、仮想通貨取引所も、資金分散がリスク管理の基本。

一つの口座で、何らかのトラブルにより資金が止められても、全滅を回避できるので、大半の人が複数口座で運用しています。

【初心者専用】CoincheckでETHを買う方法

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

Coincheckで口座開設が無事に完了すれば、さっそくETHを買っていきましょう。

始めてで緊張する?

大丈夫です、超初心者向けの取引所がCoincheckなので、かんたんに買えます。

Coincheckに日本円を入金する

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

まずは、ETHの購入代金となる日本円を、Coincheckに入金します。

GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行が使えます。

入金後は30分ほどで反映されます。

 

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法画像出典:Coincheckより

 

気をつけて欲しいのが、ETHを購入後、Metamaskに送金する際には「送金手数料」がかかります。

ETHの送金手数料は変動制で、「送金量(数)」には関係なく設定されます。

一番安くて「0.005ETH」で、高くて「0.16ETH」です。

あまりに少額購入だと、送金手数料で消えてなくなるのでもったいないです。

個人的には「0.16ETH」の設定時はまだ見たことがありません。

ちなみに2021/10/27のETH価格だと約7万円分!高すぎ!!

できれば、最安値の時に送金を狙いましょう。

CoincheckでETHを買える所は「販売所」

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

CoincheckでETHを買える所は「販売所」です。

「取引所」もありますが、そこではETHは取り扱っていません。

初心者は混乱しますが、仮想通貨取引所の中には、たいてい2つの売買場所があるのです。

購入方法は、この画像の通りの流れで、かんたんに買えます。

日本円の予算内に収まるように、反映させて購入しましょう。

仮想通貨の時価を調べるなら「Coin Gecko」というサイトが便利。

→ETH

【初心者専用】Metamaskをダウンロードする

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

次はMetamaskをダウンロードしましょう。

Metamaskとはデジタル財布のこと。

ここに仮想通貨取を入れておくと、さまざまなブロックチェーン上のサービスに接続して利用できます。

 

例えば・・
  • BCG(ブロックチェーンゲーム)
  • OpenseaなどのNFTプラットフォーム
  • Metaverse(仮想空間)
  • DEX(分散型取引所)

 

ざっくり結論づけると、Metamaskがないと、ほとんどのサービスが使えない!ということ。

MetamaskをPCブラウザにダウンロードする

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

意外なのが、デジタル財布のMetamaskは、PCのブラウザにインストールするという仕組み。

Google Chrome、Firefox、Braveで利用できますが、インターネットエクスプローラーやMicrooft Edgeには非対応です。

Metamaskのインストールから設定までは、【悩むわ】MetaMask(メタマスク)のインストールとその使い方を読んでください。

  • シークレットバックアップフレーズ(シーフレーズ、秘密鍵)は絶対に保存、保管、メモ、写真撮る
  • 偽サイトなどで入力しないこと
  • 入力を促される場面があれば「詐欺」を疑うこと

個人的には、スマホにMetamaskをアプリでインストールすることはオススメしません。

あればめちゃくちゃ便利なのは分かるのですが、私はPCだけでMetamaskを操作しています。

スマホを盗難・紛失の場合、Metamaskが入ったままだとコワイですから・・。

Metamaskの使い方

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

ブラウザ右上からMetamaskアイコンを、クリックし「拡張機能をクリックしたとき」にしておきましょう。

面倒ですが、ログインした後に、各サイト・サービスに勝手に接続されるのを防いでくれます。

自分の意思で、毎回接続できます。

追記:一部、OpenseaなどのNFTプラットフォームを使用する際には、たまにエラー状態になるようです。

不具合がでた時には「すべてのサイト」で試してみてください。

 

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

 

Metamaskは複数のアカウントを作成でき、アカウント毎にウォレットアドレスが決められています。

「BCGにはこのアカウント、NFTにはこっちのアカウント」というように区別管理が可能。

 

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

 

各アカウントの「秘密鍵」は上のように獲得することができます。

保存しておけば、Metamaskの再インストールや、スマホアプリでも使いたい場合に、インポートできるのでバックアップとして覚えておきましょう。

 

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

 

逆に、獲得した秘密鍵のアカウントを呼び起こす場合は「インポート」です。

メモで残した文字列を入力すればOK。

あと、よく使うのが「import tokens(通貨の追加)」

Metamaskはウォレット内に手に入れたはずの(送ったはずの)、通貨があったとしても「表示設定」をしないと反映されません。

 

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法 【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

 

「検索」で表示させたい通貨を入力して追加するか、「カスタムトークン」で、「トークンアドレス」を入力して追加するかのどちらかです。

トークンアドレスは「Coin Gecko」から見つけることができるので便利。

【初心者専用】Coincheckで買ったETHをMetamaskへ送金する方法

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

ようやく本番!Coincheckで買ったETHをMetamaskへ送金する方法です。

ETHも用意した、Metamaskもインストールした。

準備は完璧ですか?

やっていきましょう!

Coincheck:ETHのコイン送金画面へ

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

CoincheckのETHのコイン送金画面(PC説明)へ。

「コイン送金」→「Ethereumを送る」

ないとは思いますが「Ethereum classic」と間違わないように、別物ですから。

Metamask:ウォレットアドレスをコピー

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

新規ラベルは好きな覚えやすい名前で、宛先はもちろんMetamaskのウォレットアドレスです。

コピペすればミスもなくなります。

ネットワークは「イーサリアムネットワーク」になってますか?

「追加」→「宛先」でもう一度選択。

あとは、送りたい量と送金手数料を確認して、「送金」で終了です。

【逆手順】MetamaskからCoincheckに送金する方法

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

では、逆は分かりますか?MetamaskからCoincheckに送金する方法です。

まず、送りたい通貨とネットワークを一致させます。

ETHだったら「イーサリアムネットワーク」でしたよね?

 

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

 

Metamask「ETH」を選んで、「送金」

送り先アドレス(Send to)はCoincheckのETH受取専用アドレスをコピペします。

Metamaskから送金する場合には、Coincheckではなく、ブロックチェーン上のデータ処理(トランザクション)に対して手数料(ガス代)がかかるので、念頭に入れておきましょう。

30分ほどで着金します。

仮想通貨をMetamaskや海外取引所に送金する時の注意事項

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法

仮想通貨をMetamaskや海外取引所に送金する時の注意事項があります。

ポイントは2つ。

確認すべきこと
  1. ブロックチェーンネットワークの一致
  2. テスト送金

 

仮想通貨はブロックチェーン上にあるもので、通貨の種類によって使用されるブロックチェーンのネットワーク規格が違います。

ここが初心者には超ムズい!

 

例えば・・
  • ETH→イーサリアムネットワーク(ERC-20)
  • BTC→Binance Smart Chain (BEP20)
  • Matic→Maticメインネット

 

現在、国内の仮想通貨取引所で取り扱っているコインのほとんどが、ERC-20かBEP20です。

ですので、例えば今回のようにMetamaskにETHを送るのであれば、Metamaskのネットワークは必ず「イーサリアムネットワーク」にしておきましょう。

あとは、10万、20万など高額なETHやBTCを送るなら、送料は非常にもったいないけれど、念のために少額で「テスト送金」しましょう。

本当にMetamaskに届くかお試しです。

私も、初めてやった時は、着金までの5~10分ほどは、祈る思いでした・・。

ドキドキします。

ネットワークがズレたまま送金すると、闇に消えて取り戻せません。

Coincheckのサポートに連絡しても、たぶん無理です。

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法・まとめ

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法
まとめ
  • 二段階認証設定のセットアップキーは保存!
  • 本人確認の写真UPは丁寧に!
  • 審査待ちの間に、他の取引所でも開設
  • Metamaskのシーフレーズを保存!
  • 偽サイト注意
  • 仮想通貨の送金時にはネットワーク確認
  • 大金を送るならテスト送金

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法・まとめです。

とにかく、パスワード系は絶対に保存・保管です。

そして偽サイトなどでは決して入力しないこと。

Google検索で最初にでてくるサイトですら、怪しんだ方がいいです。

Metamaskの偽アプリとかもあるので最悪。

このブログのリンクは確認済みでOKです。

今回で一通り、基本の買い方と送金が分かったので、どんどん応用していってください!

 

リンクまとめ

 

国内取引所にはない通貨が欲しい

バイナンスで登録・口座開設をしてコインチェックから送金する方法

 

人気通貨「10set」が欲しい

えっ,テンセット/TENSET(10set)は仮想通貨詐欺?買い方と初心者におすすめの理由【2021】

 

NFTを始めたい

【始め方】OpenseaでNFTを出品するならPolygonが最強<初心者向き>