NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

この記事では、初心者にむけてNFTの始め方を5ステップで解説しています。

NFTアートを作って、販売する手順やNFTを買う方法も伝授。

NFTがおもしろい!アツい!と聞いて、あなたも挑戦したくなったのではないですか?

NFTを始めたければ、この記事の通りマネればOK。

では、さっそく始めましょう。

 

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>
【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>NFT転売のやり方、始め方、稼ぎ方を初心者がマスターできるように、実体験の取引をもとに解説。デジタルアートを安く購入し、転売利益を上げていくコツと裏ワザも紹介。NFTは長期投資としても、短期転売としても魅力的なので副業にもオススメです。...

NFTの始め方:①暗号資産取引所で口座開設する

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

海外旅行に行くとその国の通貨を用意するように、NFTを始めようとすると、仮想通貨を用意しないといけません。

国内の取引所がいくつかあるので、僕が実際に使っているところを紹介しますね。

 

暗号資産取引所に登録(無料)

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

NFTを始めるには、まず仮想通貨(暗号資産)のETH(イーサリアム)が必要です。

仮想通貨取引所はいろいろあって悩みますよね?

僕がNFTをやる時に利用するのは、暗号資産取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)です。

口座開設も無料ですし、「bitFlyer Lightning」では、ETH(イーサリアム)の取引手数料も押さえながら手に入れることができます。

 

さらにオススメな理由
NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

bitFlyerは、Chromeと使い方はほぼ同じの「Brave」というブラウザと接続すると、勝手にBATという暗号資産(仮想通貨)が貯まります。

さらに、ビットコインも貯まるクレジットカードもついに発行!

無料のカードもあるので、電気代や買い物に使うと、bitFlyer口座にコツコツ、ビットコインが貯まります。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設と、「Brave」との連携は、次の記事で解説しています。

お急ぎの方は、まずは口座開設だけでOK。

 

関連記事

 

【NFTの買い方】OpenseaでNFTを購入する手順<2022年11月最新>

 

そして、もう1つオススメなのがCoincheck(コインチェック)という取引所です。

国内最大級の取り扱い通貨数で、主要銘柄をカバーしています。

口座開設方法も、ビットフライヤーとほぼ同じ手順なので、あわせてやっておきましょう。

 

関連記事

 

ETH(イーサリアム)を買う

メタバースは流行らない。ただし「まだ」<人気定着に必要な3つの要素とは?>

 

NFTを始めるには、仮想通貨(暗号資産)のETH(イーサリアム)を使います。

なぜなら、NFT売買のマーケットプレイスの多くが、ETHを専用通貨にしているからです。

bitFlyer(ビットフライヤー)でETH(イーサリアム)を買う方法は、次の記事で詳しく解説しています。

 

関連記事

 

OpenseaでNFTを売買するときには、手数料が発生します。「ガス代」といいますが、安い時は300円ほど、高い時はなんと20,000円ほどの時もあります!購入資金とは別で必要なので、注意しましょう。高騰時は、時間や日にちをずらすといいですよ。

 

NFTの始め方:②Metamaskでウォレットを作成する

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

海外旅行の続きです、海外に行くと両替した現地のお金を、手に握りしめてずっと観光しないですよね?

お財布に大事に入れて、スリに遭わないように、気をつけると思います。

そう、お財布=Metamask(メタマスク)を用意しましょう。

 

Metamask(メタマスク)のインストール

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTを始めるには、ウォレットと呼ばれる”お財布”に、仮想通貨(暗号資産)を入れておきます。

そのお財布の1つがMetamask(メタマスク)です。

Metamask(メタマスク)のインストールと使い方はこちらをご覧下さい。

 

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

関連記事

 

パスワードやシークレットリカバリーフレーズなどは、誰にも教えてはいけません。Metamaskの復元やインポート以外でのサイトやDMで入力を求められたら100%詐欺です。

 

NFTの始め方:③Metamaskにイーサリアムを送金する

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTの始め方も中盤です、お財布=Metamaskに取引所で用意したETHを送金します。

慣れたらかんたん!

 

MetamaskにETH(イーサリアム)を送金する

【スマホ版】bitFlyer LightningでETH(イーサリアム)を買って、Metamaskに出金する方法

 

最初に説明したように、NFTマーケットプレイスにはETH(イーサリアム)が必要。

bitFlyer(ビットフライヤー)から、Metamask(メタマスク)に送金します。

ウォレットに入れると、NFT、De-Fi、メタバース、GameFiと、いろいろなサービスに接続して、遊んだり資産運用できるようになります。

送金方法はコチラ。

 

関連記事

 

仮想通貨(暗号資産)を送金する時の注意点

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTを始める初心者なら、ずっと意識し続けないといけないことが2つあります。

 

守るべき注意点2つ
  1. ネットワーク(チェーン)を一致させる
  2. 大金を送金するならテストを行う

 

Metamaskの設定でもありましたが、ETH(イーサリアム)を送金する場合は、ネットワークは「イーサリアムメインネット」(ERC-20)です。

今後、慣れてくるとあなたは「Binance Smart Chain(BSC)」や「Polygon Mainnet」など、「イーサリアムメインネット」以外のネットワークを追加して、いろいろな通貨購入やサービスにアクセスすることでしょう。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

そんな時に、ついうっかりネットワークが間違ったまま、送金するとロストして消えて無くなります。

これをセルフGOXと言います。

大金を送金する場合は、ちゃんと届くかテストしてから行いましょう。

NFTの始め方:④Openseaでアカウントを作る

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTを始めるためのETHが、お財布にはいりましたね。

では、NFTを売買できるマーケットプレイス「Opensea」に、アカウントを作っていきましょう。

 

Openseaがおすすめな理由

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>https://dune.xyz/kvm/NFT-Marketplace-Comparisonより

 

初心者がNFTを始めやすいのは、「Opensea」というマーケットプレイスの一択。

世界のNFT購入者は、どのマーケットプレイスを使っているか?答えは表の青色のOpensea。

ダントツですね。

Openseaでは誰でも無料でアカウントが作れ、NFTの売買が可能です。

 

Openseaがオススメな理由
  1. 初心者からヘヴィーユーザーまで使いやすい
  2. 誰でも出品可能
  3. ネットワークを選べる

 

要は、誰にとっても使い勝手が良いということ。

Openseaの企業としての市場価格は、2021年末で1700億円以上。

現在、No.1のNFTマーケットプレイスです。

 

Openseaでアカウント登録

さっそくOpenseaでアカウント登録をして、NFT売買を始めていきましょう。

右上のアイコンから「settings(設定)」へ、Metamaskが起動するので「署名」をします。

これでOpenseaとMetamaskウォレットが接続されます。

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用> NFTの始め方。初心者でもOpenseaで作成、出品、販売、購入できます!<2022年最新>

 

「Username」に好きな名前を入れ、あとはメールアドレスを登録します。

こだわらなければ、まずはこの2つだけでアカウント作成できます。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用> NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

登録したメルアドにすぐに確認メールがくるので、「VERIFY MY EMAIL」をクリック。

たったこれだけで、Openseaのアカウント登録は完了です。

スマホの場合は、Metamaskアプリを立ち上げ左上の「三」メニューから「ブラウザ」へ。

 

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

検索で、「https://opensea.io/ja」と入力。

これでOpenseaの公式サイトが開きます。

 

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

右上の「三」メニューから「アカウント」へ。

 

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

「署名」します。

 

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

「アカウント設定」へ。

 

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

「Profile」をタップ。

 

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

「ユーザー名」と「メールアドレス」を入力。

PC版と同じように、メールが届くので認証します。

 

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

NFTの始め方:⑤OpenseaでNFTを売買する

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

ようやく本番ですね、海外旅行に来て、お目当ての名産品を買うところまで来たワケですね。

 

OpenseaでNFTを買う方法

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

Openseaで実際にNFTを買ってみましょう。

ここでようやく、Metamaskに送金したETHが使われます。

失敗せずにNFTを購入するには、いくつか基礎知識を覚えておかなければなりません。

 

ポイント
  • 便利な検索方法
  • NFT作品の買い方は3種類
  • 詐欺に気をつける
  • ガス代とは?
  • ガス代が発生するタイミング

 

ポイントをおさえれば、大丈夫です!

詳しく解説しているので、コチラをどうぞ。

 

関連記事

 

OpenseaでNFTコレクションを作る方法

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

Openseaでは、NFTを販売しようと思うと、まずは「コレクション」というフォルダのようなものを作らないといけません。

その中に、NFT化(mint)したい作品を、テーマやジャンルの統一感をだしつつ、揃えていくイメージ。

いわば”ショーケース”ですね。

Openseaの右上、「アイコンマーク」→「マイコレクション」→「Metamask」

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

Metamaskを接続する。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

「コレクションを作成」へ。

Metamaskに署名します。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

ここからコレクションページの作成に入ります。

Twitterのヘッダーやアイコン設定をするように、Openseaのコレクションも「見栄え」をよくしていきましょう。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

「ロゴ画像」は、Twitterでいうアイコンで、サイズは「350×350」が推奨。

ちなみにGIF画像もいけます。

「注目の画像」は、1つ前のページ「マイコレクション」で表示されるときのサムネイル用です。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

「バナー画像」は大きなヘッダー画像で、「1400×350」」が推奨。

「名前」はコレクションのタイトルになるので重要です。

一般的には分かりやすいように、コレクションURLには「名前と同じ」単語を入れておきましょう。

名前が他の誰かにすでに利用されていると、Openseaが自動で赤字で却下してくれます。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

コレクションの説明文、概要を書きます。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

「カテゴリーを追加」はコレクションのジャンル選び。

悩んだら「Art」や「Collectibles」が無難。

 

categoryで悩んだら
  • Art
    →絵やグラフィックデザインで、どちらかというと、単品作品
  • Collectibles
    →規則性があり、収集性あるもの、シリーズ作品
  • Music
    →楽曲や”ショート映像+楽曲”なども
  • Photography
    →写真
  • Sports
    →サッカー、アメフト、バスケなどスポーツがテーマ
  • Trading Cards
    →ゲームキャラやアイテムなど収集性のあるもの、Collectiblesとも言える
  • Utility
    →NFT化した証明書や会員権など

 

「リンク」は、コレクション内容に関連する各SNSへのURLを入力。

NFT販売は立派な”事業”なので、売れているNFTはどれもちゃんと、専用サイト、ファンとのコミュニティ、Twitterなどの専用アカウントを持っている。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

「クリエイター収益」は一番重要!

Openseaでは、あなたの作品が売れるたびに(転売)、ずっとロイヤリティ報酬が発生。

その割合を最初に決めておきます。

最大で10%で、チームで販売するときもメンバーのウォレットアドレスを追加しておくと分配も可能。

複数の場合でも合計10%がMAXです。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>メンバーのウォレットアドレスを送ってもらい、追加する。

 

ロイヤリティーの仕組みは以下画像をご覧下さい~。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

「ブロックチェーン」はどのブロックチェーンネットワークで販売するかを選択できます。

Ethereumがデフォルトで、Openseaの主要チェーン。

基本はこれです。

ちなみにPolygonチェーンは、ガス代を安く抑えられるネットワークチェーンの1つ。

以前では、完全無料でしたがガス代が少しだけかかるようになりました。

 

Polygon版Opensea

 

「支払いトークン」とは決済に使う仮想通貨のこと。

他のトークンも自由に追加できます。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

「表示テーマ」はデフォルトのままでOK。

エログロ系のコレクション運営をするなら、「センシティブなコンテンツ」にチェックを入れておきます。

最後に「作成」で完了。

コレクションページができましたね!

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

作成したコレクションは、「マイコレクション」で表示されるようになり、編集はサムネイルの右上にカーソルを合わせると「・・・」からできます。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

ちなみに、「コレクションを作成」の横の「・・・」からは、Openseaと提携している、他のマーケットプレイスで出品できるように、リンクがおかれています。

コレクション編集の最下部には、「OpenRarity」という、レア度ランキングを設定できる項目があります。

作者が設定したNFTの属性データから自動でランクを付けることが可能。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

  • SolanaとEthereumチェーンで可能
  • 規格はERC721のNFTのみ
  • 属性設定がされている
  • 数字属性ではなく、文字属性設定で反映

 

設定しないと表示されないので、注意です。

「コラボレーター」とは共同管理者です。

設定を変更、支払いを受ける、支払い先の変更、新しい作品(item)の作成ができるように。

ウォレットアドレスを追加することで登録ができます。

削除も「✖」でかんたん。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

信頼できる人と行いましょう、なおコラボした相手には開始後、通知はいかないので、自分でお知らせしてください。

「コレクションを削除」は一気に、コレクション全体を削除できます。

もちろん、中身の作品もすべて消えます。

条件はコレクション内の作品の所有者が「あなた」であること。

つまり削除したいコレクションから販売し、売れたものが1つでもあれば、コレクション削除はできません。

削除はガス代(Metamaskの手数料)はかかりません。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

Metamaskの署名など起動せずに、いっぱつで消えるので、慎重に行いましょう。

 

OpenseaでNFTを作る方法

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

コレクションができたら、次はOpenseaでNFTを作成する方法です。

創作した作品を作る=”NFT化”することを「mint(ミント)」といいます。

Openseaでmintした作品は、必ず作成したどれかのコレクションに入れないと、販売できません。

「作成」から入り、NFTを作っていきます。

なお、作成は無料です。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

最初にNFT化する作品のデータをアップします。

100MBまでいけます。

次に「名前」で作品のタイトルをつける。

「外部リンク」はその作品についてのサイトや、紐付けたい情報のURLがあれば入力。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

次の「説明」は作品の説明。

「コレクション」は大切です、いまmint中の作品をどのコレクションにいれるか?を決めます。

ちなみに、「マイコレクション」から作成したコレクションに入り、そのページから右上「アイテムの追加」でNFTをmint(作成)することもできます。

 

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

次が「プロパティ、レベル、統計」

これはNFTに細かいデータ詳細を付けられるオプションで、なくても大丈夫です。

例えば、自作のゲームキャラやアイテムなどをmintしたときには、「強さ、サイズ、形」など本当のゲームっぽく設定でいきます。

ここを設定するとさきほどの「OpenRarity」のランキング機能が反映されます。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

例えば「種類」に色の項目を入力し、「名前」に黒としてみます。

項目を増やすには「追加」、全て完了なら「保存」

同じように続けてみます。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

「レベル」では設定した内容が、”横バー”で棒グラフのように表示されます。

「スピード」を速度としてみて、値を5段階の3としてみました。

同じように、「統計」ではレア度を設定し、10段階のうち8と設定。

作成完了後の見え方はこうなります。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

ここは必ず必要な設定ではないので、作品によって使用してみてください。

次の「ロック解除可能なコンテンツ」もユニークな項目です。

このNFTを購入した人にしか見れない特典を、ここに載せることができます。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

秘密のURLをつけて特典サイトをみせたり、資料をダウンロードできるページに誘導したり・・、アイデア勝負ですね。

「露骨でセンシティブなコンテンツ」は暴力的、ポルノ的要素がある作品なら、チェックをいれます。

「供給」は、何個mint(発行)するか?

複数個にすると、とうぜん同じNFTデザインのものが複数作成されます。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

「ブロックチェーン」では販売するブロックチェーンネットワークを選択します。

先にコレクションでチェーンを決めている場合は、コレクションと同じチェーンにしましょう。

「メタデータを凍結」は、作成したNFTのデータを、Opensea以外の分散型ストレージに保存することです。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

Openseaが突然なくなって、”画像(jpegなど)”が消えても、肝心の作品NFTデータやウォレットの取引履歴は、ブロックチェーン上に永遠に残せます。

つまり究極の安全保管。

デメリットはガス代がかかることと、二度と編集、削除ができないことです。

最後に「作成」でNFTのmintが終了。

このあとは、このNFTを出品・販売していく流れになります。

 

 

作成したNFTも編集できます

 

OpenseaでNFTを出品・販売する方法

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

実は、NFTの始め方をマスターするにあたって、OpenseaでNFTを「出品・販売する方法」が一番ややこしいです。

なぜなら、売り方が5種類もあるし、ガス代(Metamaskの手数料)のかかるタイミングも多いからです。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

ちょっと間違うと、無駄にガス代を取られたり、販売価格を間違えてオークションを開始してしまったり・・。

初心者にはちょっと、ハードル高そうですね。

でもご安心を。

全5種類の売り方と失敗しないNFTの出品方法を、実際の手順でお見せしています!

 

関連記事

 

NFTの始め方:NFTで失敗したくないあなたへ

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

NFTを始めるにあたっていくつか注意点があります。

怪しいDMやキャンペーンに巻き込まれないように気をつけましょう。

 

怪しいNFTの詐欺DMに気をつける

 

NFTに興味を持つとTwitterやDiscordといったSNSアプリを頻繁に使います。

NFTの情報がいちばん飛び交っているからです。

期待されているNFTの優先購入権(WL:ホワイトリスト)が配られるキャンペーンもよくあります。

しかし、TwitterやDiscordで知らない個人から届く“あなたにだけお得なお誘い”は100%詐欺です。

 

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

 

公式アカウントの“なりすまし”も巧妙なので、疑って調べましょう。

フォロワー数も購入できますし、リプもサクラ動員でごまかせます。

 

NFTが怪しいと思われてしまうのは、詐欺師がウヨウヨしているから。詐欺対策としては、こちらの音声配信がとても参考になります。

 

勝手に届くNFTは触らない

NFTの始め方5ステップ|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>「・・・」から個別に非表示にできます。

 

NFTを始めると迷惑NFTが毎日のように届きます。

「もらえた!うれしい!」と思わないように。

基本、詐欺への誘いです…。

 

・NFTの説明文にあるURLから誘導

・ロック解除可能なコンテンツにあるURLから誘導

・自作自演でオファーをかけてきて、あなたに「Accept」させ、偽のMetamask承認を起動させる(噂です)

 

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>迷惑NFTは基本、英語です。

 

以上のことから初心者は「迷惑NFTが届いたら無視する」が、もっともシンプルな対応でしょう。

迷惑NFTは数日経つと、「非表示」に移されます。(たぶん、誰かが通報してる)

 

NFTの転売は焦らないこと

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

NFT転売は安い時に買って、値上がりしたら売れば成功。

うまくできれば爆益が発生し、とても魅力的で注目されています。

僕も利益確定はしていませんが、800万以上を稼げています。(2022/11月の時価換算)

しかし、初心者は焦ってはいけません。

 

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>いくつか売りましたが、現在は8個所有。180円×8個=1,440円→11万円×8個=88万円になりましたー。

 

Openseaの二次流通(転売市場)で、高値で買い付けて、すぐに値下がりして損をするということがよく起こります。

結論、情報収集が足りておらず、急ぎすぎ、焦りすぎが原因。

NFTを始めて失敗したくない方は、【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>をご覧下さい。

 

NFTの始め方|NFTアートを作って販売する手順まとめ<初心者専用>

【800万超】NFT転売のやり方を初心者がマスターする方法<コツと裏ワザあり>

 

NFTの始め方まとめ
  1. Metamaskの用意
  2. 取引所でイーサリアムを用意
  3. Openseaでアカウント作る
  4. コレクションを作る
  5. NFTを作り売買する
  6. NFTの詐欺や転売に注意する

 

NFTを作るには、イラストや音楽ファイルが始めやすいかもしれません。

そこに特典として「ロック解除可能なコンテンツ」の中に、プレゼントを仕込んでおくなども面白そうですね。

NFTはクオリティも大事ですが、アイデア勝負の領域もあります。

友だちとチームを組んでNFT販売を進めるのもいいでしょう。

ぜひ、この記事をシェアして挑戦してみてください!

 

準備しておくこと
  • MetamaskのDL
  • bitFlyerでイーサリアムを用意
  • Metamaskに送金
  • Openseaでアカウント作る

 

\↓メタマスクが用意できたら↓/
\無料&最短10分で完了!/
bitFlyerに登録

/ETHが用意できる取引所\
<口座開設は完全無料>
<最短10分で登録完了!明日からNFTができる!>