NFTの買い方

OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>【2022年最新】

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

NFT売買の巨大マーケットプレイス、「Opensea」(オープンシー)で、NFTアートを出品・販売する方法を紹介します。

Openseaにアカウント登録まではできたけれど、無事に出品・販売できるか初心者にとっては難易度高め。

全部英語だし、翻訳しても意味が分からない!そして専門用語も分からない!

ここまで準備してきて、失敗したくないですよね?

初心者専用でマネして貰うだけで分かるように、全手順を公開。

今から始めるNFT販売をマスターしましょう!

なお、Openseaでは必ず仮想通貨のETH(イーサリアム)と、お財布であるMetamask(メタマスク)が必要になります。

 

NFT全手順まとめ

 

OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>には、大きく分けて4つの型があります。

 

4つの販売方法
  1. 固定販売(Fixed Price)
  2. オファー受付(Offer)
  3. オークション販売(Timed Auction)
  4. セット売り(Bundle)

 

NFTアートをどの取引方法で販売していくのか?

一緒に見ていきましょう。

ちなみに「mint」はアート作品をNFT化すること。

「Listing」は4つの型のどれかで、「mintしたNFTアート」を出品することを意味します。

 

OpenseaでNFTアート作品を出品・販売:固定価格

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

OpenseaでNFTアート作品を出品・販売するときには、「固定価格」(Fixed Price)が最も使いやすいと思います。

シンプルに”この金額で買ってね”という販売方法。

「mint」したNFT作品は「Profile」でも、「My collection」からでも見れます。

「Sell」→「Fixed Price」→「金額入力」

「Duration」は販売期間、こだわりなければスルーで。

売れなかったら販売前の状態に戻るだけです。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

イーサリアムチェーンで初めてNFT作品を販売する場合は、Metamaskの利用開始設定が行われます。(initialize your wallet)

初めてのリスティング行為(出品)で行われる処理なので、「固定価格」や「オークション」など、どれか1つで処理すればOK。

一度きりのガス代支払いです。

ガス代はETHで払いますが、時価なので200円~4,000円はかかります。(2022/9/22時点)

ガス代(Gas Fee)とはMetamaskで取引処理に必要な費用。

よく混同されがちですが、Openseaに支払っている手数料ではありません。

OpenseaにはNFT作品が売れた場合にのみ、販売価格の2.5%が手数料として、徴収される仕組みです。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>繰り返しますがこの「initialize your wallet」の費用は一度だけで、今後は無料で出品できます。

 

2022年9月、Metamaskの「initialize your wallet」が無料になりました!

ガス代を払い、Metamaskの承認を進めれば「固定価格」でのリスティング完了。

あとは、買い手が出てくるのを待ちつつ、SNSで宣伝ですね。

キャセルする場合は、右上の「Cancel listing」から行います。

「Confirm」してガス代を支払って完了。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

次はNFT作品の「値下げ」をしたい場合。

出品後の値上げはできませんが、値下げは無料でできます。

「Lower price」→Metamaskでサイン。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

カンタンですね。

最後が、出品したNFT作品の「削除」です。

「Edit」→ページ下部の「Delete Item」へ。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

最後の「Delete item」をクリックすると、もうMetamaskは起動せずに、一気に削除されます、気をつけてください。

削除できるのは、もちろん自分が所有している自作のNFT作品のみで、販売したものは不可能。

なお、「Delete item」は無料です。

考えようによっては、ガス代のかかる「Cancel listing」よりもいいのかもしれません。(ゼロからNFTをmintしなおす面倒くささはあるけど)

 

  • 初めて出品する時(固定、オークション、Bundleのどれか)は、1回だけガス代がかかる
  • 2回目以降の出品はどの方法でも無料
  • 出品キャンセルにはガス代発生
  • 出品したNFTを削除するときは、ガス代はかからない
  • 出品したNFTの値下げは、ガス代はかからない
  • 値下げ後、出品キャンセルした場合は、行った「値下げ回数分」が上乗せされてガス代が発生

 

OpenseaでNFTアート作品を出品・販売:オファー受付

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

OpenseaでNFTアート作品を出品・販売の方法で、次に多いのが「オファー受付」

これもシンプルで「何もしない」ということ。

NFT作品をmint(生成)して放置。

もしくは、Twitterなどで「オファー受付中!」と宣伝しておくぐらい。

もう一つのパターンが「固定価格」で出品した価格に対して・・

 

フォン
フォン
その価格高いので、これくらいで買わせて~

 

のような”交渉”を含んだオファー提示がくることも。

もし、あなたのリストアップした作品が売れ残っている場合は、オファーを受けるのもいいでしょう。

オファーがくるとメールでお知らせがきます。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

もしくは、Openseaの「Profile」→「Offers」から確認もできます。

「Unit Price」が提示された価格で、OKであれば「Accept」

こちらから逆提示/逆提案したければ「Counter」という機能も便利。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

Acceptすると、最後の確認画面に。

気をつけないといけないのは、Opensea運営側に支払う手数料と、クリエイターへのロイヤリティが、提示額から差し引かれるということ。

オファーを受けると、ガス代支払いが発生し、取引完了です。

オークション販売後、競り落とされた金額にも「Accept」しないと、取引は成立しません。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

「royalty」はコレクションTOPの右上から確認することができます。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

Openseaではあなたの作品が、初回販売から転売されるたびに、毎回ロイヤリティ報酬が発生する仕組み。

クリエイターファーストですね。

 

  • オファーを「Accept」(受ける)場合は、ガス代が発生
  • Opensea側に支払う手数料とガス代は全く別モノ
  • 自分で設定したロイヤリティであっても、いったん差し引かれる
  • ロイヤリティ報酬は2~4週間後にMetamaskに振り込まれる

 

OpenseaでNFTアート作品を出品・販売:オークション

OpenseaでNFTアート作品を出品・販売する方法、次は「オークション」です。

mint(作成)したNFT作品を「Sell」→「Timed Auction」

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

「Method」は2種類あります。

 

  1. 「Sell to highest bidder」は
    ”イングリッシュ形式”
  2. 「Sell with declining price」は
    ”ダッチ形式”

 

特徴
イングリッシュ
形式
  • 一般的なオークション
  • 期間内に最高値を入札した人が落札
  • 競り合うため、人気NFTは価格が上がりやすい
  • 締め切り10分前に入札があった場合、10分延長になるので熾烈な争いが起こり盛り上がる
  • 1ETH以上の入札の場合、締め切り時間で最高値をつけた人が落札→この場合に限りOpenSeaがガス代を負担!
ダッチ形式
  • 誰かがNFTを購入するまで価格が下がり続ける
  • 最初にオファーを入れた人が落札
  • 早めに落札(購入)されやすい反面、価格はそこまで上がりにくい

 

一般的なのはイングリッシュ形式ですね。

次が金額設定「Starting price」です。

オークションの開始価格を入力。

コレクション全体の最低価格”Floor Price”より、低い価格では開始できません。

エラーが出るので注意です。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

「Sell to highest bidder」を選ぶと、オプションで「Include reserve price」が設定できます。

設定した最低価格(reserve price)以上の入札がなかった時、出品したNFT作品は販売されずに終了。

ただし1ETH以上からしか、入力できません。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

オークションの開催期間「Duration」は、『1日、3日、7日』と選択肢があり便利。

時間まで細かく設定できますが、エラーがでやすいようです。

最後に「Complete listing」→Metamaskが起動。

「署名」作業をすればオークション出品完了です。

オークション出品にはガス代はかかりません。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>※1:もし初めての出品販売(固定、オークション、Bundleのどれか)であれば、画像のように初回1回限りの「initialize your wallet」の設定費用が発生。2回目以降は無料。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

 

「固定販売」と同じで、キャンセルもできますが、ガス代が必要になってきます。

”ダッチ形式”は値下がり式オークションになるので、まずは開始価格(Starting price)を決めます。

どの価格まで下がったら、値下がり終了かは終了価格(Ending price)で決めます。

それでも入札がなければ、設定した期間後に終了に。

 

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

  • 1ETH未満で売れた場合は、ガス代が発生する
  • 1ETH以上で売れた場合は、ガス代はOpenseaが払ってくれる
  • 途中で価格変更はできない
  • オークション出品のキャンセルには、ガス代が発生
  • Acceptで取引が完了する

 

OpenseaでNFTアート作品を出品・販売:セット売り

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

OpenseaでNFTアート作品を出品・販売の方法、最後が「セット売り」(Bundle)です。

少額のNFTをまとめて売ったり、タイミングをみてキャンペーン的にまとめセールで値下げして売ったり。

 

セット売り例
  • カードコレクションNFTのまとめ売り
  • ゲームのアイテムNFTのまとめ売り

 

やり方は自由です。

まず、どれか1つのNFT作品から「Sell」へ。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

「Fixed Price」→「価格入力」→「More options」を開く。

「Sell as a bundle」にチェックをいれて、「bundle name」と「bundle説明文」を自由に入力します。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

セットにする他のNFT作品は、右下の「Add item」から加えていきます。

セットが作れたら、左下の「Complete listing」で出品。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

「bundle」で売り出すと、できる作業は出品キャンセルだけです。

セット売りの表示は、NFT画像の右上に「1of〇〇」とタグが付きます。

 

  • セットにできる数量は最大で100
  • 1回の取引ですむので購入者もガス代の節約になる
  • 出品キャンセルのみ可能で、ガス代が発生する

 

OpenseaでNFTアートを売るときの失敗しないコツ

OpenseaでNFTアートを売るときの失敗しないコツを紹介します。

初心者は右も左も分からないので、意識してマネるだけでOK。

NFTアートを出品・販売:ガス代のかかるタイミングを覚える

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>初めてのNFT販売時の費用は、無料になりました。2022年9月。

 

OpenseaでNFTアートを出品・販売するときは、ガス代のかかるタイミングを覚えましょう。

今回は『注意点』というボックスでまとめてきました。

イーサリアムチェーンでのガス代は、ETHで支払いますよね?

ガス代が安いタイミングで、オファーをAcceptするなど工夫しましょう。

次でも解説します。↓

 

NFTアートを出品・販売:ガス代の安い時に始める

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

 

Openseaで初めてNFTアートを出品・販売するなら、ガス代の安い時に始めると、数千円は節約できます。

この差は結構でかい。

ガス代は世界中の人々が、イーサリアムチェーンでのサービスを同時刻に利用すると、取引決済が渋滞をおこします。

実は高いガス代を上乗せして支払った人から、優先で取引処理をしてくれます。

この仕組みで、ガス代がどんどん高騰するのです。

 

フォン
フォン
なので、僕は毎回これをみてチェックしてます

 

まずは「ethereumprice」

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを購入する方法<失敗しない買い方!> 【2022年最新】OpenseaでNFTアートを購入する方法<失敗しない買い方!>

 

ガス代価格の推移と混み具合がグラフで表示されるので、一発で区別ができます。

自動で日本時間表示なので、比較的「昼過ぎから夕方まで」が安いように判断できますね

もう1つが「ETH GAS STATION」です。

 

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを購入する方法<失敗しない買い方!>

 

「Gas Price (legacy):〇〇」に注目。

 

Gas Priceの目安
  • ~30:安い
  • 100~150:標準
  • 150~:高い
    ※2022年9月時点です

 

これも参考になります。

人気のNFTの販売や、De-Fiでの取引が活発になったりすると、しばらく高騰する時期があります。

余裕があるなら、待ってみるのもいいでしょう。

どうせ始めるなら、安い時に「initialize your wallet」費用を支払いたいですもんね。

 

NFTアートを出品・販売:ブロックチェーンを変える<格安Polygon>

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>この場合の取引所手数料とは、Metamaskのガス代のことです。注意!2022年9月より、Polygonチェーンも有料になりました、あtだしイーサリアムより安いです。

 

OpenseaでNFTアートを出品・販売するときに、どうしてもガス代費用がなかったら、ブロックチェーンを変えるのもアリです。

Polygonチェーンで出品・販売するのです。

市場規模が小さく、マイナーな作品が多いですが、魅力は全部、(注)無料でできるということ。

その代わり、すこし設定が必要です。

OpenseaでPolygonチェーンを使いこなすなら、【始め方】OpenseaでNFTを出品するならPolygonが最強<初心者向き>をお読みください。

このブログの人気記事で、インフルエンサーのイケハヤさんのメルマガでも紹介されました。

Polygonチェーンのアップデートより、2022/9月、ガス代がかかるようになりました、ただし1円以下など、かなり格安です。

 

【まとめ】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>

【2022年最新】OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>
ポイント
  • 販売方法は4種類
  • 固定価格、オファー
  • オークション、セット売り
  • ガス代のタイミングを覚える
  • ガス代の安いときを意識する
  • 格安のPolygonチェーンもやってみる

OpenseaでNFTアートを出品・販売する方法<失敗しない売り方>のまとめです。

「initialize your wallet」は出展料と考えると、納得できそうですね。

現実では、アート作品を売ろうと思うと、ギャラリーを借りて展示会しますもんね。

レンタル代みたいなもの。

それでもガス代が安いタイミングを常に意識しましょう。

では。

あなたのNFTが売れないたった1つの理由<CryptoNinja二次創作から考える>
あなたのNFTが売れないたった1つの理由<CryptoNinja二次創作から考える>この記事はNFTを作りOpenseaなどで販売を始めたものの、まだ1つも売れたことがないクリエイター専用の内容です。まず1つNFTを売るためにすべき戦略と、あなたが陥っている失敗の理由について実例を用いて解説!初心者必見です。...
bitFlyerとBraveで暗号資産をためよう!

【BAT降臨!】bitFlyerの登録/口座開設してBraveと連携する方法暗号資産(仮想通貨)「BAT」が貯まります。
↑クリック↑

bitFlyer

↑クリック↑

ビットフライヤーがビットコインが貯まるクレカを始めました!
(利用開始にはbitFlyerのアカウントが必要です。)

 

RELATED POST