NFTの買い方

NFTの買い方

NFTの買い方

 

NFTの買い方は大きく分けて3つ。

 

  1. ETHを用意する
  2. Metamaskを用意する
  3. Openseaに買いに行く

 

基本はこの3つだけです。

さっそく一緒にやってみましょう!

 

NFTの買い方:ETH(イーサリアム)の購入

NFTの買い方

 

NFTを買うには、専用の通貨が必要です。

一般的には、「ETH(イーサリアム)」という通貨を使います。

国内の仮想通貨取引所で手に入るので、Coincheckなどで購入しましょう。

初めての人でも直感的に操作できるので、安心ですよ。

Coincheckで会員登録

登録も、メルアド登録→身分証明→セキュリティ設定(二段階認証)だけなので、10分もかかりません~。

口座開設ができたら、銀行口座から日本円を入金してください~。

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法で、画像付き解説してますので、不安な方は見ながらやってみましょう!

 

NFTの買い方:Metamaskのインストール

【便利な一覧】Metamask(メタマスク)にネットワークを追加する方法

 

Metamask(メタマスク)とは、デジタルのお財布です。

PCのブラウザ、Google ChromeやBraveにインストールして使うか、スマホアプリでDLするかです。

パソコンの場合→Google Chromeのリンク

スマホの場合→iOSまたはAndroid

前述の解説記事では、パソコン版のMetamaskのインストール方法も紹介しましたが、ここではスマホ版で解説します。

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

開始して「新規ウォレット」を作成します。

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

「同意」して、自由にパスワードを設定。

必ず、手元にメモを残すようにしましょう、忘れても復元はできません。

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

リカバリーフレーズは復元する際やインポートの時に使用するので、パスワード同様、必ず手元にメモを残しましょう。

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

メモしたら、「続行」で、先ほどの順番で単語を並べていきます。

これでバックアップ完了です。

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

英数字の羅列部分が「ウォレットアドレス」で、あなたの口座番号みたいなものです。

「0ETH」の部分が、Metamask(お財布)に入ってる、NFTを購入するための専用通貨「ETH(イーサリアム)」の残高になります。

 

NFTの買い方:Metamaskへの送金

次はCoincheckで購入したETHをMetamaskに送金。

引き続き、スマホ版で解説しますね~。

Coincheckのアプリを起動し、「ウォレット」へ。

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

ETHを選択して「送金」

「宛先の追加」に、先ほどのMetamaskのウォレットアドレスを追加します。

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

Coincheck画面から、一度離れてMetamaskアプリを起動させて、ウォレットアドレスをタップでコピー。

Coincheckアプリ画面に戻り、ラベルは好きな名前でOK。

「宛先」にアドレスを貼り付けます。

 

NFTの買い方

 

SMS送信をクリックすると、スマホにショートメールがすぐに届くので、コードを入力。

最後に「追加」で新規宛先登録が完了。

「×」でいったん閉じます。

 

NFTの買い方

 

あとは、「宛先」から今のアドレスを選択。

送金先は「その他」で、受取人は「本人」

最後に、送りたいETH量を入力で送金です!

 

NFTの買い方

 

早ければ10分ほどで、MetamaskにETHが着金します。

これで、お財布にNFTを購入するための専用通貨がはいりましたね!

 

NFTの買い方:Openseaに買いに行く

OpenseaにNFTを買いに行きましょう。

Metamaskアプリを起動させて、着金確認ができたら、左上のメニューへ。

 

NFTの買い方

 

ブラウザを開いて、検索窓に「https://opensea.io/ja」と入力。

これが公式URLなので安心です。(偽サイトもある!)

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

Openseaの公式サイトが開きます。

検索窓から、欲しいNFTを検索して探しましょう。

その他、ランキングやカテゴリー分けもあって、面白いです。

今回は、国内屈指で世界市場にも食い込んでいる、CNP(CryptoNinja Partners)を例に、購入画面まで行ってみますね~。

 

NFTの買い方

 

CryptoNinjaと検索すると、青いハイブランド&公式マーク付きのCNPが出てきます。

青マークがない=偽モノではなく、取引量などの実績からOpenseaが認定した証となります。

同時に公式コレクションでもあるので、偽モノと見分けもつきやすく安心。

青マークがないコレクションでも、素敵なものや高価なNFTもゴロゴロありますよ。

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

気に入ったNFT・CNP画像をクリック。

いろいろな販売形式がありますが、「Buy Now」と出てるものは、固定価格なので、分かりやすいです。

 

NFTの買い方

 

クリックすると、Metamaskの接続を求められます。

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

最初だけ、MetamaskへNFTや資金の移動を許可する「署名」を求められます。

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

「署名」が終われば「My Wallet」から戻り、先ほどの購入ページへ。

 

NFTの買い方

 

「Complete Purchase」で進みます。

 

NFTの買い方

 

NFTを購入する時には、ガス代と呼ばれる取引処理手数料がかかります。

ちなみに、ガス代は時価で世界中で取引が混雑すると高くなるので、安い時間(日本時間の朝)などがオススメ!

 

NFTの買い方

 

ガス代を入れた合計金額が良ければ、確認をクリックすると購入完了です。

取引処理に時間がかかる場合でも、1,2分で終わるはずです。

おめでとうございます!

これで、NFTの買い方がマスターできましたね。

今回紹介したCNPは、【時価総額No.1】CNP(CryptoNinja Partners)は、なぜおすすめNFTなのか?分かりやすく解説。で、詳しく解説してるので、ぜひ手に入れてみてください。

2022/09/10時点では、国内時価総額No.1です(ジェネラティブpfp系)

 

NFTの買い方まとめ
  1. Coincheckでイーサリアムを買う
  2. Metamaskをインストール
  3. ETHをMetamaskに送金
  4. Openseaに買いに行く

 

Coincheckのログインパスワード、二段階認証のバックアップキー、Metamaskのパスワード、リカバリーフレーズなどは絶対にメモっておいてくださいね。

 

NFTの始め方。初心者でもOpenseaで作成、出品、販売、購入できます!<2022年最新>
NFTの始め方。初心者でもOpenseaで作成、出品、販売、購入できます!<2022年最新><2022年最新>NFTの始め方。初心者でもOpenseaでNFTを作成、出品、販売、購入できるように、関連記事とともに解説しています。暗号資産取引所でのETHの購入やMetamaskのDLと送金から説明していますので、真似するだけでOKですよ。NFTの稼ぎ方のヒントも紹介しています。...