DeFi

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

Astar Networkが繋がりにくかったりした場合、既存の他のRPC URLに変更するのもいいですよね。

もう一つの方法として、Astar Network用に自前のカスタムRPCを作ってしまう方法もあります。

BwarelabsのBLASTを使えば、無料で作ることができます。

さっそくやっていきましょう!

 

BwarelabsにMetamaskを接続する

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

 

Bwarelabsから「LAUNCH APP」へ。

「Get Endpoint」をクリックして、Metamaskを接続します。

 

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法 Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

 

ネットワークはAstarにしておいてください。

Metamaskが起動するので、接続を進めていきましょう。

 

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

 

承認をしてアンケートに答える

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

 

「Sing a message to continue」をクリック。

Metamaskが起動するので「承認」をしましょう。

 

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

 

アンケートが出るので、無難にTwitterとしておきます。

「Go to Dashboad」をクリック。

 

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

 

BwarelabsのBLASTでカスタムRPCを作成する

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

 

BLASTが立ち上がるので「Add Project」を選択。

「Name」に分かりやすい名前を付けてください。

「Environment」は「Production」を選びます。

 

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

 

これで右下の「Create project」でOK。

続いて、「Available Endpoints」をひらき「Astar」を選択します。

 

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法 Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

 

チェックマークを入れて「Activate」をクリック。

DashboardにNameで付けたProject枠ができていれば成功です。

 

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

 

Bwarelabsで作ったカスタムRPCをMetamaskに追加する

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

 

「Projects」をひらき、「Active Endpoint」をクリックすると、作成したカスタムRPC URLが表示されます。

「RPC Endpoint」が今回作ったものです。

 

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

 

これをコピー。

Metamaskから「ネットワークの追加」へ。

「新しいRPC URL」の欄に、ペーストで終了です。

 

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法

 

もし、Astar Networkがうまく繋がらない場合は、今回の方法も参考にしてみてくださいね。

 

 

bitFlyerとBraveで暗号資産をためよう!

【BAT降臨!】bitFlyerの登録/口座開設してBraveと連携する方法暗号資産(仮想通貨)「BAT」が貯まります。
↑クリック↑

bitFlyer

↑クリック↑

ビットフライヤーがビットコインが貯まるクレカを始めました!
(利用開始にはbitFlyerのアカウントが必要です。)

 

RELATED POST