取引所

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してETHをMetamaskに送金する方法

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

この記事では国内暗号資産取引所の『DeCurret(ディーカレット)』で、口座開設を目指す人に向けて書いた解説記事です。

ディーカレットで仮想通貨(暗号資産)・ETH(イーサリアム)を用意して、ウォレットであるMetamaskまで送金してみましょう。

 

こんな人向け
  • 初めて仮想通貨(暗号資産)を買う
  • Metamaskに送金した事がない
  • De-FiやNFTをやってみたい

 

今回は仮想通貨(暗号資産)のETH(イーサリアム)を実際に購入してみて、Metamaskまで送金するところまで、やっていきます。

【始め方】OpenseaでNFTを出品するならPolygonが最強<初心者向き>
【始め方】OpenseaでNFTを出品するならPolygonが最強<初心者向き>NFT専用のマーケットプレイス、Openseaの始め方と使い方を初心者向けに徹底解説。Polygonを使いガス代を無料にする方法も紹介しています。OpenseaでNFTを作り、出品や販売をしてみたい人は必見の内容となっています。...

DeCurret(ディーカレット)で口座開設をする

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法画像出典:ディーカレットより
ディーカレットの特徴
  1. 通常入金、クイック入金、暗号資産受取、無料
  2. 豊富なキャンペーンの種類
  3. 2021/12/3まで暗号資産送付手数料も無料
  4. 販売所、取引所の両方が使える
  5. スポンサーパートナーが強力

ディーカレットは2018年に誕生し、金融庁の暗号資産交換業者に登録もされている、国内暗号資産取引所の1つ。

KDDI、ヤマト、三井住友などそうそうたる株主がバックアップしています。

キャンペーンも頻繁にあり、暗号資産の送付手数料が無料になったりと、嬉しいサービスを展開。

販売所でも、取引所でも購入できる選択肢はありがたいですね。

※現在のキャンペーン情報についてはこちらをご確認ください。
https://www.decurret.com/campaign/

販売所と取引所の違いについては、【いくらから始める問題】仮想通貨を始めるには資金はどのくらい必要?を読んでみてください。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設:必要なもの

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

DeCurret(ディーカレット)で口座開設を始める前に、必要なものがあります。

 

準備しておくもの
  • スマホ
  • 運転免許証 or
  • マイナンバーカードなど

 

スマホはセキュリティ設定の「二段階認証設定」で使用し、身分証明である運転免許証などは「本人確認」で使います。

 

DeCurret(ディーカレット)で口座開設:ゲスト登録

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

では、DeCurret(ディーカレット)で口座開設をしていきましょう。

登録はPCから行います。

まずはゲスト登録。

→DeCurret(ディーカレット)へ

右上の「新規登録」へ。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

メルアドを入力し、パスワードもルールに気をつけて設定。

忘れずメモして残しておくと安全。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

登録したメルアドに「本人確認コード」が届くの、フォームに入力。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

ゲスト登録完了の連絡がくるので、「販売所ログインへ」

簡単ですね。

 

DeCurret(ディーカレット)で口座開設:ベーシックアカウント開設

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

DeCurret(ディーカレット)で口座開設、次はベーシックアカウント開設です。

「アカウント情報」→「ベーシックアカウント開設」へ。

「事前確認事項」にチェックをして「次へ」

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

よくある、お客様情報を入力していきます。

最後まで行き「次へ」と続くとSMS受信コードに。

文字がバグってうまく入力できない時は、PCのメモ機能などにいったん、コピーして、貼り付けましょう。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

 

DeCurret(ディーカレット)で口座開設:スマホで本人確認

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

DeCurret(ディーカレット)の口座開設で、少し慎重に進める部分が「本人確認」です。

用意しておいたスマホと、運転免許証やマイナンバーカードを使います。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

写真撮影は慎重に行いましょう。

私は提出後、2回も「やり直してください」の返信がきたので、カードの角度や写し方には気をつけましょう。

これで、あとは審査結果を待つだけです。

だいたい2,3日以内には返事が来ます。

 

待ってる間にしておくと賢い

国内暗号資産取引所は取扱銘柄数や、アプリの使いやすさ、手数料の違いなどで、目的に応じて使い分けるのが上手なコツ。

  1. 17種類の通貨を扱う万能型→Coincheck
  2. アプリが見やすい→bitbank
  3. 『Brave』ブラウザと接続で仮想通貨が勝手に貯まる→bitflyer

こちらも合わせて口座開設をしておきましょう。

 

DeCurret(ディーカレット)で口座開設:二段階認証設定

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

DeCurret(ディーカレット)で無事に口座開設ができたら、さっそくログインして「アカウント情報」へ。

次は「二段階認証設定」をします。

今後、ログインをしたり取引を行う際に、セキュリティを高めるために毎回使用する、動的パスワード。

右上の「DeCurretアプリ」をクリックし、スマホでのアプリ操作に切り替えます。

「SMS認証」を行い、「PINコード」も設定します。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

今後、アプリ起動させるたびにPINコードは使うので、メモしておきましょう。

次にアプリホーム画面の左上、「人マーク」のアカウント情報から、「ログイン時二段階認証」→「有効」に。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

二段階認証はPCでログインした場合に使用する、セキュリティコード。

スマホアプリ、右上の「三本線」のマークから見れます。

数秒毎に新しいコードが表示されるので、焦らず入力してログインすればOK。

 

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

 

DeCurret(ディーカレット)で口座開設:アカウント情報

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

アカウント情報をもう少し。

そのまま「出金先口座」も、設定。

暗号資産を円に換金した後、どこに出金するか?

あなたの使っている銀行口座を登録してください。

これで、もう暗号資産を売買できる準備は整いました!

お疲れさまでした。

DeCurret(ディーカレット)で暗号資産ETHを購入する方法

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法
ETHの買い方
  1. 日本円を入金
  2. 取引所に振替
  3. ETHを購入
  4. 販売所に振替

さっそく、DeCurret(ディーカレット)で暗号資産ETHを購入してみましょう。

ざっと流れは以上のようなものに。

なお、操作はPCで行います。

ディーカレットでは「販売所」と「取引所」の2カ所で、暗号資産を売買することができます。

  • スマホアプリ→販売所のみ
  • PC→販売所と取引所

今回は取引所を使うので、PCで行います。

 

DeCurret(ディーカレット)に日本円を入金

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

DeCurret(ディーカレット)に日本円を入金します。

ホーム画面右上の「日本円入金」へ。

「振込用入金口座」が表示されるので、そこにあなたの銀行口座から、必要な金額を振り込んでください。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

数分で反映されるので、次は右上の「振替」へ。

販売所にある日本円を取引所へ移します。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

これでETHを買うための日本円が「取引所」に到着しました。

 

DeCurret(ディーカレット)の取引所でETHを買う

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

取引所の画面左側の「ETH/JPY」をクリック。

画面右側で板取引に挑戦。

販売所は、売買手順や入力回数が少なく気軽に買えますが、その分ディーカレットに手数料分を上乗せされた額で、取引をすることになります。

一方、取引所は「お客とお客」の取引なので、売買手順がやや複雑ですが、その分手数料は安く済みます。

指定した金額で購入することを「指値」といい、makerとも言います。

ディーカレットはこの取引を選択すると、手数料が逆に貰える(0.03%)仕組み。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

「post only」にチェックをいれmaker設定をし、希望のETHの値段(レート)を「板」から選び、横バーで取引数量を調整します。

それに反映されてすぐ下に概算の日本円が表示されるので、予算内か確認できます。

あとは注文でOK。

 

DeCurret(ディーカレット)で注文を取り消す方法

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

もし、取引が成立(約定)する前であれば、取引所画面の左下にスクロールダウンすれば、「注文一覧」が表示されています。

そこに「取り消し」とあるので、クリックすれば即座に取り消しが可能。

「約定一覧」もあるので、取引履歴がわかり便利です。

 

DeCurret(ディーカレット)からMetamaskにETHを送金する

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

DeCurret(ディーカレット)の取引所で無事にETHが購入できたら、次はMetamaskに送金してみましょう。

Metamaskが分からない人は、【悩むわ】MetaMask(メタマスク)のインストールとその使い方を読んでください。

→Metamaskをインストールする

DeCurret(ディーカレット)の販売所からしか送金できない

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

DeCurret(ディーカレット)の取引所で手に入れたETHは、そのままMetamaskにおくることはできません。

販売所からしか送金できないので、また「振替」です。

次に販売所の画面「ETH」から「送る」を選択して、送付数量を決めます。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

この時、0.0063ETHが送付手数料としてかかるので、その分を差し引いて入力しましょう。

なお、2021/12/3まではキャンペーン中で、0.0063ETHが後で戻ってきます。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法画像では分かりづらいですが、送れる数量は0.0658(手持ち)-0.0063(手数料)=0.0595ETH(実際に送れる量)です。

 

Metamaskのアドレスをペーストし、ネットワークも確認する

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

Metamaskを起動しネットワークを確認。

「イーサリアムネットワーク」であることを必ず確認し、アドレスをディーカレット側にコピペ。

最後に確認して送付。

二段階認証をスマホアプリを見て入力しますが、なぜか文字がバグるので(私だけ?)、メモ帳にいったん移してコピペしてます。

お疲れさまでした、これでMetamaskにETHを送ることができました。

 

ちなみに・・

暗号資産(仮想通貨)の最小送付単位は・・

  • BTC:0.00000001(小数点以下8桁)
  • XRP:0.000001(小数点以下6桁)
  • BCH:0.00000001(小数点以下8桁)
  • LTC:0.00000001(小数点以下8桁)
  • ETH:0.00000001(小数点以下8桁)

以上のようになっています。

 

DeCurret(ディーカレット)で送金を確認する方法

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

きちんと送付できているかは、「入出金履歴」で確認することができます。

実際にMetamaskに届くには5~10分ほどかかりました。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

ここからDe-Fiで資産運用をしてみたり、Openseaなどに行きNFTの売買を楽しんだりもできます。

MetamaskからDeCurret(ディーカレット)に暗号資産を戻す方法

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

最後は、MetamaskからDeCurret(ディーカレット)に暗号資産を戻す方法です。

ETHでもBTC(ビットコイン)でも同じです。

超簡単!

DeCurret(ディーカレット)で受取用アドレスを発行する

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

まず、DeCurret(ディーカレット)で受取用アドレスを発行します。

受け取りたい通貨をクリックし、「受取」。

これで専用のアドレスが表示されるので、コピー。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

 

Metamaskから暗号資産を送金する

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

Metamaskを起動して、送りたいアセット(暗号資産)を選択。

今回はETHを送る手順で。

「送金」→ディーカレットのアドレスをペースト。

「次へ」へ進み、イーサリアムネットワークの使用料(ガス代)を含んだ額を確認し、支払って完了。

これでETHが「販売所」に戻ってきたので、「販売所」もしくは「取引所」で、ETHを売って日本円にし、出金先取引銀行に送れば、元通りです!

 

役立つ手数料まとめ
DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法画像出典:→ディーカレットより

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法・まとめ

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法画像出典:ディーカレットより
まとめ
  • 口座開設にはスマホと身分証明が必要
  • 二段階認証設定をする
  • ディーカレットには販売所と取引所がある
  • 振替を使う
  • ETHを送るときはイーサリアムネットワーク
  • ディーカレットはキャンペーンで手数料が無料で便利

DeCurret(ディーカレット)で口座開設して、Metamaskに送金する方法のまとめです。

ポイントをおさえれば、そこまで難しくはないと思います。

販売所と取引所の「振替」がやや面倒だな、と感じるくらいですね。

手数料が無料になるキャンペーンは激アツですね!

※現在のキャンペーン情報についてはこちらをご確認ください。
https://www.decurret.com/campaign/

今のうちに、仮想通貨の取引をしておいて、送金しておくのもいいかもしれません。

そしてキャンペーン後、ディーカレットの取扱銘柄で物足りないなら、Coincheckもオススメです。

DeCurret(ディーカレット)で口座開設してMetamaskに送金する方法

国内仮想通貨取引所では最多となる、17銘柄を取り扱っており、「振替」などもせずにMetamaskに送ることも可能。

口座開設方法もほぼ同じなので、いつでも使えるように同時に口座開設をしておくと便利ですよ。

→Coincheckへ。