仮想通貨の始め方

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

この記事では、Metamask(メタマスク)アプリをスマホにインストールをして、ネットワークの追加、アカウントのインポート方法、スワップ、送金、購入、NFTの送信方法、ウォレットの復元/同期の方法も全て解説。

初心者の方は参考にしてください。

Metamaskがわかれば、仮想通貨の送受金も、NFTの売買もすべてできるようになります。

なお、PC版のインストール方法は、MetaMask(メタマスク)のインストールと使い方をお読みください。

まずは、さっそくMetamask(メタマスク)のDLです。

 

まずはインストール

・パソコンの場合→Google Chromeのリンク

・スマホの場合→iOSまたはAndroid

 

なお、Metamaskは仮想通貨やNFTを保管しておく「お財布」です。

重要なパスワードや後で出てくるリカバリーフレーズなどは、かならずメモを取り保管しておきましょう。

 

メタマスクが用意できたら

 

NFT転売をマスターしよう!

 

Metamask(メタマスク)のセットアップ

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

Metamask(メタマスク)のセットアップから開始。

まずは「新規ウォレット」を作成しましょう。

 

NFTの買い方

 

同意して次へ進みます。

パスワードを自由に作って設定してください。

 

NFTの買い方

 

 

Face IDもあれば追加しておきましょう。

セキュリティも上がります。

パスワードはちゃんとメモしておくこと。

 

NFTの買い方

 

NFTの買い方

 

Metamask(メタマスク)のリカバリーフレーズを保管

NFTの買い方

 

リカバリーフレーズとは、ウォレットを復元するときに使用するもので、とっても大事です!

必ずメモを取り大切に保管すること。

他の人にも絶対に教えないでください!

シークレットリカバリーフレーズが盗まれると、ウォレット内の仮想通貨やNFTが盗まれてしまうので、ノートやメモ帳に秘密保管です。

スマホやPCにスクショ保管も、データ漏洩があるかも…?と思うと、ベストではありませんね。

 

NFTの買い方

 

英単語が並んでるので、順番に書き写してメモをとりましょう。

「続行」へ。

 

NFTの買い方

 

メモが取れたら、さっそく同じように並べて入力していきます。

これでバックアップ完了。

 

NFTの買い方

 

Metamask(メタマスク)アプリの使い方

NFTの買い方

 

Account名の下が「ウォレットアドレス」で、あなたの口座番号みたいなもの。

これは他人に見られても大丈夫。

ここに仮想通貨やNFTを送付することで、他者との取引が可能になるのです。

「0ETH」の箇所が、Metamask(ウォレット)に入ってる、仮想通貨「ETH(イーサリアム)」の残高。

 

ネットワークの追加と変更

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

ネットワークチェーンは切り替えが可能です。

デフォルトは「Ethereum Mainnet」で、基本はこれです。

変更や追加する場合は、タップ。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

変更するなら、違うネットワークを選択すればOK。

新しく追加したい場合は、「Add~」へ。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

今回は「Polygon Mainnet」を追加してみました。

「Add」→「Approve」で完了。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

新しく加えたネットワークにさっそく切り替えるなら、ここで「Switch~」をタップ。

もとのネットワークのままでいいなら「閉じる」

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

便利なネットワーク一覧

 

トークンをインポート

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

トークンとは仮想通貨のこと。

いろいろな仮想通貨がありますが、Metamaskではトークンのインポート(追加)をしないと、実際に所有していても表示されない仕組みです。

無くなっているわけではないので、焦らないように。

「トークンをインポート」から検索窓で通貨のアルファベットを入力。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

今回は“Ethereum Mainnet”(デフォルトのネットワーク)で使用される「Matic」というトークンを追加してみます。

「Matic」と検索→「Matic Token」を選択し、インポートへ。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

これだけでホーム画面に新しいトークンが追加されました。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

受け取る

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

「受け取る」はアカウントのウォレットアドレスを表示してくれる項目です。

ETHを送って欲しい時や、NFTを送って欲しいときに、自分のウォレットアドレスを表示させコピーしたり、QRコードとして読み取る時に使います。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

しかし、もっとかんたんな方法が。

ホーム画面のウォレットアドレスをタップするだけでコピーできちゃうので、こっちの方が早いです。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

なお、違う仮想通貨(トークン)を受け取る時は、その通貨を選択して「受け取る」を表示させましょう。

MATICを受け取るなら、「Matic」→「受け取る」の手順です。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

購入

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

「購入」はクレカで仮想通貨が買えるサービスです。

Metamaskから直接買えるので、暗号資産取引所からETHなどを用意して、送金する手間を省けます。

画期的ですが、手数料も高い。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

国は「Japan」を選択。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

支払い方法を選択。

金額に進む。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

「購入希望」から欲しい仮想通貨を選べます。

金額は日本円換算で入力。

「クォートを入手」から手続きを進めます。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

今回は10,000円分のETHを入力してみました。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

手数料合計は600円超え、けっこう減っちゃいますね。

国内の暗号資産取引所から購入して、送金した方が断然やすいです。

 

オススメの取引所

 

送信

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

「送信」は仮想通貨を送るときに使います。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

「To」のところに送り先のウォレットアドレスをコピーしてきて、ペーストします。

もちろん、他者や取引所のアドレスだけでなく、自分の別のアカウントにも送金可能。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

初めて送るアドレスは名前をいれて保存しておくと、次回から便利です。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

送りたい通貨を選ぶ。(今回はETH)

送金量を入力。

「次へ」

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

送金するときに発生する手数料(ガス代)を確認し大丈夫なら、「送信」

ガス代は“Ethereum Mainnet”であれば、ETHで支払います。

時価で価格も変わりますし、世界中の人が集中して取引を進めるタイミングではガス代が高騰することがあります。

時間を変えてやってみると、数千円→150円くらいなど、下がるときが多いので、様子をみましょう。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

Metamaskのトランザクション(取引処理)が発生します。

「完了」となればOK。

送金先には5~10分ほどで着金するのが一般的です。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

スワップ

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

「スワップ」とは仮想通貨同士を交換すること。

「ETHを売ってBTCを買いたい!」というようなときに利用します。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

通貨を選択し、交換したい数量を入力。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

交換したい通貨も選択します。

検索から探しましょう。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

今回は「WETH」という通貨を選択してみました。

「0.005ETH」だとWETHは「0.005ETH」手に入ることに。(たまたま同量)

交換時の手数料も確認してOKなら、横にスワップすると完了です。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

 

交換後、ホーム画面に仮想通貨が表示されてなければ、「トークンをインポート」で通貨の追加をしてみましょう。

 

NFTを送信

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

NFTを送信したいときは、「NFT」から送りたい画像をタップ。

「送信」を選択。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

仮想通貨の送信画面と同じで、「To」がでるので送信先のアドレスをペースト。

同じ手順で送信できます。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

ちなみに、身に覚えのないNFTが次々と送られてきますが、迷惑NFTです。

触らず放置が無難。

NFTの説明文のリンクから詐欺サイトに誘導されたりします。

Openseaなどで迷惑NFTにオファーがきても、嬉しくなって取引しないように!

偽のMetamaskの取引処理が発生するようです。

 

アクティビティ

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

左上の「三」マークから「アクティビティ」を開くと履歴が見れます。

今までの仮想通貨の送信や受け取りが、きちんと完了しているか確認できます。

「送ったけど届いていない!」というような状況がおこった場合は、アクティビティを見てみましょう。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

Metamask(メタマスク)の復元・同期、アカウントのインポート方法

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

Metamask(メタマスク)を削除したり、スマホを機種変した場合、復元しないと同じウォレットを使えません。

PCで使っていたメタマスクをそのままスマホでも使いたい場合は、同期をします。

 

復元(同期)方法

最初に何度も説明したように、パスワードやシークレットリカバリーフレーズはメモして残してありますよね?

まだの場合、何らかの理由で削除や機種変をする前に、もう一度表示させてメモをしましょう。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

「設定」→「セキュリティとプライバシー」へ。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

ここでシークレットリカバリーフレーズ、パスワード、秘密鍵を表示できます。

ぜったいに、誰にも見せてはいけません!

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

パスワードを入力すると、シークレットリカバリーフレーズを表示させることができます。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

同じように秘密鍵もできます。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

メモが残った状態で、Metamask(メタマスク)アプリを削除したり機種変した場合は、もう一度新しくMetamaskをインストールします。

復元にはシークレットリカバリーフレーズを使います。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

「秘密のリカバリーフレーズ~」を選択。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

これで、以前使っていたMetamask(メタマスク)の復元ができます。

 

違いは?

・シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)
→12個の英単語。メタマスクウォレットに一つだけ。スマホの機種変、PCの買い換え、アプリの不具合でいったん削除などのあと、復元する時に使う。

・秘密鍵
→メタマスクウォレット内のアカウントの数だけある。アカウントをインポートするときに使う。

 

別のアカウントをインポートする

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

たとえば、PCで使っているMetamask内のアカウントの1つを、スマホのMetamaskにインポートしたいときもあると思います。

PCのMetamaskから、アカウントを選択。

「アカウントの詳細」へ。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

「秘密鍵のエクスポート」をクリック。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

アカウントの秘密鍵が表示されるので、コピーします。

秘密鍵はアカウントの数だけ存在します。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

スマホのメタマスクを起動させ、アカウントアイコンをタップ。

「アカウントをインポート」へ。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

先ほどの秘密鍵をペーストします。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

これでインポート完了です。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

PCのアカウントが表示されました!

ちなみに名前を長押しすると、好きなアカウント名に書き換えられますよ。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

 

アカウントの追加

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

まったく新しい新規のアカウントを追加する場合は「新規アカウントの作成」から。

タップするだけですぐに作れます。

使用したいアカウントを切り替えるときも、表示されているアカウントを選択するだけ。

かんたんですね。

 

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<まとめ>

【スマホ版】Metamask(メタマスク)アプリの使い方<超完全版>

 

まとめ
  • メモを残しておくこと
  • 誰にも見せないこと
  • シークレットリカバリーフレーズは復元用
  • 秘密鍵はアカウントのインポート用
  • ネットワークは複数あり変更できる
  • トークンの追加で表示させる
  • 仮想通貨やNFTを送受信できる

 

Metamask(メタマスク)が用意できたら、NFTをぜひ触ってみてください~。

世界最大のNFTマーケットプレイスでは、Metamaskを接続することで、NFTの売買ができますよ!

 

NFTの買い方

 

TwitterやDMなどでも偽アカウントからのウソ情報が届き、シークレットリカバリーフレーズをつい教えてしまい、仮想通貨やNFTが盗まれる事例が多いです。入力してもいけません。TwitterやDMなどから飛んだサイト先でMetamaskを繋いで「承認」などはしないように!

 

bitFlyerとBraveで暗号資産をためよう!

【BAT降臨!】bitFlyerの登録/口座開設してBraveと連携する方法暗号資産(仮想通貨)「BAT」が貯まります。
↑クリック↑

bitFlyer

↑クリック↑

ビットフライヤーがビットコインが貯まるクレカを始めました!
(利用開始にはbitFlyerのアカウントが必要です。)

 

RELATED POST