メタバース

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

こんにちは、メタバースでイベントを作ったりしているフォンです。

今回はSandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んでみて分かった、メタバースマーケティングの面白さについて説明します。

さっそくですが、「クリエイターが成功すれば、Sandboxは成功する」とは、サンドボックスの共同創設者Sebastien Borgetの言葉。

他のどんなゲームよりも、The Sandboxは革命的です。

 

ユニークな点
  • 誰でもクリエイターなりやすいように、無料Editorツールの充実
  • Sandboxで収入を得れるように、Fundの設立
  • LANDとNFT売上の50%をクリエイターのために回す
  • マーケットプレイスでのNFT売上は、95%がクリエイターに※1

※1:現在はFund支援を受けたクリエイターの提出作品のみ販売できます

 

ここまで、クリエイターを保護しているプロジェクトは珍しい!

いったいどのような戦略でマーケティングを行っているのでしょうか?

分かってきたのは、「最初からクリエイターを集めていない」ということ。

Sandboxは、ユーザー(プレイヤー)→クリエイターに変身する導線を築いてきました。

またクリエイターだけでなく、投資家や企業もどんどん集まっています。

この集客力はどのようにして生み出されているのか?

毎日、体験版で遊んでいて分かったことがあるので、いっしょにメタバースマーケティングの面白さをみていきましょう!

【メタバース大本命】The Sandbox Alpha Season2がついに登場!
【メタバース大本命】The Sandbox Alpha Season2がついに登場!メタバース大本命、The Sandbox Alpha Season2がついに登場します。サンドボックスとは、ブロックチェーン上で、自由にメタバース、アイテムやアバターなどをNFTで作り遊べ、収益化もできるボクセル系ゲーム。アルファ版は体験版のこと。今回はアルファパスがなくても全て遊べます。...

 

結論:めちゃくちゃ練られた戦略でため息

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

The Sandbox(サンドボックス)のAlpha(アルファ版)で遊んで感じた、運営側のマーケティングのポイントは3つありました。

ポイントを軸に解説します。

 

3つのポイント
  1. 期待感の創出
  2. フィードバック
  3. 宣伝部隊

 

期待感の創出:厳選されたワールドの開放

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

The Sandbox(サンドボックス)のアルファとは『体験版』のこと。

今回はシーズン2で3/3~3/31までの開催です。

限られた期間に、限られたワールドでしか遊べません。

「今しか!」は最強の集客ワード。

 

フォン
フォン
ほんの一部のエリアのワールドでも、こんなにいろいろあるの!?正式リリースが楽しみ!

 

ちょっとした事ですが“いつでもできる体験版”と“今しかできない体験版”では、ユーザーの食いつきは、まったく違ってきます。

 

フィードバック:バグやエラーの回収

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

Alpha(アルファ版)で遊んでいて、気づかれた方はいますでしょうか?

ワールドを選択できるページには、「Send Feedback」のバナーがあるんですよね。

つまり「いつでも修正点教えてね、対応します!」ということ。

もし、エラーやバグが正式リリース後にあちこちで発生していたら・・。

 

フォン
フォン
何年も楽しみにしていたのに、しょぼすぎるだろ!

 

よくある「期待感→失望感」の最悪のオセロ返しになってしまいます。

今なら「体験版ですから!ごめんね、修正します!」で許される。

トライ&エラーを生々しく、現場にユーザーを招き入れてできるのは、Sandboxならではだと思いました。

 

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

実際、『ドラキュラ城』では、難易度が高く、攻略にも時間がかかり、バグですべてのクエストも完璧にでいないことが分かり、ツイートも荒れていました。

1週間後、再度チャレンジすると、数カ所、地形が変わっており、バグも直っていました。

 

宣伝部隊:コンテストの開催

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

The Sandbox(サンドボックス)のアルファ版といえば、名物の「Contest(コンテスト)」。

平日は毎日1回、お題が出されます。

参加者はお題をクリアして抽選券を集め応募すると、抽選で「Alpha Pass2」という特別なNFTを貰えます。(※日本在住ユーザーは配布予定はない、違うNFTを用意しているの情報もアリ)

Alpha Pass2の価値はとても高く、持っていると、仮想通貨SANDが貰えたり、次回以降の体験版でもインセンティブが与えられる可能性が高い。

 

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

そしてポイントなのは、だいたいコンテストのお題が、「スクショツイート」なんですよね。

 

勝手に宣伝フロー
  1. Alpha Pass2欲しい
  2. コンテスト参加
  3. 写真ツイート
  4. ハッシュタグごと拡散される
  5. コストかけずに宣伝完了

 

めちゃくちゃ単純な仕組みなんですが、世界規模で参加者いるので、もすごいリプとRT数に。

 

宣伝部隊:VOXELITE集めと有名スポット巡り

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

ほぼ、どのワールドに入っても、定番の課題(クエスト)は、ボクセライト(VOXELITE)と呼ばれる、光る石を集めるのと、有名スポット巡り。

制作陣からすると、集めたり、スポットを巡るだけでワールドの隅々まで、必然的に見て貰える。

ワールド作成をした各プロジェクトチームは嬉しいでしょうし、プレイ画像や動画もツイートされる可能性も高い。

ここでも「勝手に宣伝」が生み出されていますね。

 

期待感の創出+宣伝部隊:先行者有利の仕組み

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

Contest(コンテスト)のお題の中に、たまに「今あなたが持っている抽選券の数をスクショして!」というものがあります。

抽選券は「Raffle」と呼ばれ、ワールド内の課題(クエスト)をクリアすると、増えていきます。

3/31のシーズン終了後に、抽選券を使い応募するとAlpha Pass2が当たる仕組み。

抽選券は多ければ多いほどいいですよね!

 

フォン
フォン
抽選券欲しいけど、クエストのクリアで貰える数には限界が・・

 

ここもポイント。

ただ体験版で遊んで課題(クエスト)をクリアしただけでは、最大値は手に入らない。

 

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ最大1200枚の抽選券が集められるのに、290枚しかない!っていう心理になりやすい。

 

抽選券を増やす方法
  • ステーキング
  • 特定のNFTを買っておく
  • 前回のAlpha Pass1を持っている
  • LANDを持っている

 

抽選券を増やせるので、みんなついついNFTを買ったり、ステーキングしたりしたくなる。

「チケット」ページをわざわざ、スクショさせるのは心理的に“ほらほら、他にも増やす方法あるよん~”という暗示にも似てる。

そして、もう1つの意味が「競争心をあおる」です。

 

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

自分の持っている抽選券の数をスクショすると、ついつい他の人の数量ツイートも気になるのが人の常。

 

フォン
フォン
え!?あの人、俺の2倍も抽選券もってる!くそっ!

 

あるあるですね。

世界規模でみると、それなりに存在すると思います。

前回のAlpha Season1の参加者が、持っている可能性が高いNFTやPass1に特典を付け、先行者有利を出す。

コンテスト企画で見せ合いを誘発し、期待感と競争心をあおる。

恐ろしいメタバースマーケティングですね・・。

 

まとめると
  1. 限定と期待感で集客
  2. フィードバックでミスを減らし、ユーザーの声を聞く姿勢も見せる
  3. 自然と宣伝になり、クリエイターに興味を持つ可能性も増える

 

Alpha(アルファ版)でThe Sandbox(サンドボックス)の限界が見えた気もする

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

毎日、The Sandbox(サンドボックス)のAlpha(アルファ版)をやって、感じたことがいくつかあります。

今度はネガティヴな面。

ゲームやワールドの表現の限界

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

The Sandbox(サンドボックス)の醍醐味は、ボクセルで表現する世界。

アバターも地形も、アセットもすべてボクセルです。

想像以上に細かいところまで作り込まれていて、驚きます。

しかし、それゆえにゲームやアクション系のワールドだと、似たような遊び方に偏ります。

 

あるある
  • パルクールさせがち
  • 高低差を出すために「山」が多発
  • アバターのサイズが限定的

 

仕方ないけれど、パターン化が見えてきます。

でも、ボクセルの“くくり・限界”があるからこそ、クリエイターの創意工夫の差別化も生まれてくるのも事実。

今後の新しい発想に期待です。

 

展示NFTは見てもらえない?

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

体験版で遊んでいると、有名スポット巡りをすることがあります。

人気のNFT作品が展示されているところも含まれていますが、実際にはクリックして、ゆっくり見ることはないですね・・。

だって、欲しくても買えないですし。

 

フォン
フォン
絶対買えない、モナリザの絵を見ている気分

 

『ただNFTを展示する』というものに、もう少し役割を持たせないと、ただのオブジェで終わってしまいます。

NFT×〇〇という特典やキャンペーンを絡めると、存在意義が増す気がしました。

 

日本人の弱み

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

The Sandbox(サンドボックス)を実際にプレイすると、すべて英語です。

ゲームインする前のHPでは日本語表示は可能ですが、遊んでいるワールド内の看板の指示やチャットは英語。

このままでは、日本人ユーザー向けのコンテンツにどうしても制限が出てきます。

 

困っちゃう
  • 日本ウケするワールドを作りたいのに、日本語NG
  • Sandboxを始めたいけどハードル高い
  • 仲間内でチャットしながら遊べない

 

極めつけは、法律?の影響か、Alpha Pass2の配布予定が、日本在住ユーザーにはないということと、mSANDを使ったステーキングもまだ開放されていません。

メタバースは、世界で共有し合う空間と時間なので、英語メインなのは仕方ないですね・・。

(逆に言うと、世界には開かれてるので、チャンス)

 

でもThe Sandboxって、まだAlpha(アルファ版)なんだよね

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

ネガティヴなことも説明しましたが、Sandboxって、まだAlphaの体験版なんですよね。

これまでの結果だけでは語りきれない「可能性」も見逃せない。

 

Binance、GUCCI、Adidasは本気を出していない

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

The Sandboxに参入を発表し、LANDを所有してる世界的企業に、Binance、GUCCI、Adidasがあります。

誰もまだ、どんなワールドで、どんなコンテンツが発信されるのか知りません。

これまでのメタバースマーケティングで引っ張られてきた参加者は、正式リリース後の世界に真っ先にリーチするでしょう。

大企業が生み出す、高品質の世界がThe Sandboxをもうワンランク、上げると思います。

期待感はまだまだ残されています。

 

16万通りのワールドやゲームの可能性

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

ワンパターン化しがちの印象だった体験版でしたが、それはほんの一部。

16万個以上のLANDから作り出される、今後のワールドやゲームの可能性にも期待大。

眠れる天才クリエイターたちが、アッと言うようなプロジェクトも生み出すでしょうね。

コラボ企画、NFTと絡めたキャンペーンなど、LANDの数だけ面白さがあるはずです。

 

日本人クリエイターの巻き込み

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ日本人クリエイターの先駆者 Venさんの作品

 

The SandboxにはCreator FundやGame Maker Fundという、クリエイター支援の仕組みがあります。

審査に合格すると、報酬が発生する契約で、Sandbox公式の作品やプロジェクトに参加できます。

3月上旬の時点で日本では30名ほど、現在ではもう少し増えているでしょう。

ボクセルのエディットであるソフトを使えば、今までクリエイターでなかった一般人も、アイデア次第では、仕事化できる環境があります。

アルファ版がきっかけで、レベルの高い日本人クリエイターも増えれば、日本向けのコンテンツ作りも進み、参加者も増えると思います。

 

自分の活動にマーケティングを転用できる

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

The Sandboxのメタバースマーケティングは、転用できるポイントが多いです。

あなたがNFTを販売するなら、どのように応用しますか?

 

例えば・・
Alpha版
  • 限定感
  • 宣伝
  • 先行者有利
転用例
  • 今だけ、〇〇した人だけ
  • スクショツイート企画
  • 初期参加者の優先

 

なにか、アイデアが浮かびそうではありませんか?

The Sandboxのキモはコミュニティで、UGC(User Generated Content)型のプラットフォームです。

全ユーザーが育てていくメタバースゲーム。

冒頭の「クリエイターが成功すれば、Sandboxは成功する」とは、言い換えれば、参加者がハッピーであれば、Sandbox全体も必然的に成長するということ。

プロジェクト、コミュニティ、全体で一緒に成長する・・。

海外の大手NFTプロジェクトと似ていますね!

 

\無料で遊べる・作れる/
Sandboxで遊ぶ

 

The Sandboxのアルファ版を遊んでみて分かる、メタバースの面白さ<まとめ>

Sandbox(サンドボックス)のアルファ版を遊んで感じた、メタバースマーケティングの面白さ

 

The Sandbox(サンドボックス)のすごいところは、遊びに来るユーザーを、クリエイターに近い領域まで近づけて、コミュニティ参加型のコンテンツに仕上げてきたところ。

ボクセルアバターと無料のEditorツールをセットで置くことで、みんな作りたくなっちゃいますよね?

そうやって、クリエイターへの種まきをしているのです。

実際、LANDやNFT売上の50%を、Fund資金に回すほど、手厚い支援態勢ですし、Sandbox内のマーケットプレイスでの販売では95%がクリエイターに渡ります。

運営が搾取することはありません。

ただのユーザーをクリエイターへ。

参加者がいつの間にか宣伝部隊へ。

限定感と期待感の掛け合わせ、そして、先行者有利。

いかにメタバースに引き込むかの戦略が、生々しく学べます。

\10,000文字超えのまとめ記事/

bitFlyerとBraveで暗号資産をためよう!

【BAT降臨!】bitFlyerの登録/口座開設してBraveと連携する方法暗号資産(仮想通貨)「BAT」が貯まります。
↑クリック↑

bitFlyer

↑クリック↑

ビットフライヤーがビットコインが貯まるクレカを始めました!
(利用開始にはbitFlyerのアカウントが必要です。)

 

RELATED POST