メタバースの始め方

<Creators Fund合格者に聞いてみた>Sandbox公認クリエイターへの道

The Sandbox(サンドボックス)には、Creators Fundという制度があります。

通称:Sandbox公認クリエイター。

世間ではそう言われていますが、調べたところ公式の名称ではないようです。

Creators Fundに応募して、合格しThe Sandboxから依頼される仕事を請け負うクリエイター。

これが実際の中身。

この記事では、1名のクリエイターさんに実際にインタビューし、Creators Fundに選ばれた経緯や体験談を紹介していきます。

ボクセルアートで仕事を作りたい人は必見です!

 

The Sandbox(サンドボックス)Creators Fundとは?

<Creators Fund合格者に聞いてみた>Sandbox公認クリエイターへの道

 

The Sandbox(サンドボックス)には、クリエイターを支援する制度が、大きく分けて3つあります。

 

3つの支援制度
  1. Creators Fund
  2. Game Makers Fund
  3. Game Jam

 

Creators Fundはボクセルアーティストを支援するもので、アセットやアバターを作り、The Sandboxに提供したり、運営側の仕事を請け負ったりする仕組み。

報酬も支払われ、The Sandbox内のマーケットプレイスで、自分の作品が出品できるチャンスもあります。*現在は依頼され提出した作品のみマーケットプレイスに出品されているようです。

Game Makers Fundはゲームデザイナーへの支援ですし、Game Jamはお題に沿ってゲームを作り、競い合うコンペ。

それぞれ対象者には賞金や報酬が発生するのです。

 

ポイント!

 

The Sandbox ボクセルアーティスト:NFTお寿司職人さんにインタビュー

<Creators Fund合格者に聞いてみた>Sandbox公認クリエイターへの道

 

早くからボクセル制作を開始し、CryptoNinjaの二次創作とアニメーションで注目を集めるNFTお寿司職人さん

実はご夫婦でのユニット活動で、ご主人がボクセル制作、奥様が映像とSNS担当だそうです。

今回はお忙しい中、あれこれインタビューさせて頂きました!

 

NFTお寿司職人さん

 

1:クリエイター募集の情報はどのように知ったのですか?

<Creators Fund合格者に聞いてみた>Sandbox公認クリエイターへの道

 

フォン
フォン
あんまり表には募集情報が出てなかったんじゃ?
NFTお寿司職人さん
NFTお寿司職人さん
Mediumですね!

 

NFTお寿司職人さんがボクセルを始めたころ、The Sandboxを知り、すぐに興味を持ったそうです。

Creators Fundの情報を知ったのは、その頃に公式WEBサイトを漁るように見ていた時。

The Sandbox公式のMediumが鍵となりました。

 

ポイント!

 

2:応募しようとしたきっかけ、動機は何だったのですか?

<Creators Fund合格者に聞いてみた>Sandbox公認クリエイターへの道

 

フォン
フォン
Creators Fundにどうして挑戦しようと?
NFTお寿司職人さん
NFTお寿司職人さん
人に勧められてです!

 

ボクセルで“お寿司屋”を制作し、ツイート。

そうすると、見てくれていた人から「受けてみなよ!!」と背中を押され決断したそうです。

自分以外の人から評価され、応援して貰えると勇気も出るし、キッカケにもなりますね。

 

3:応募するにあたって、特別に何かしたことや、準備したことはありますか?

<Creators Fund合格者に聞いてみた>Sandbox公認クリエイターへの道

 

フォン
フォン
決心してからどんな準備をしたの?
NFTお寿司職人さん
NFTお寿司職人さん
毎日、毎日・・

 

当時は、ボクセルを始めたてで、応募するためのポートフォリオも全然ない状態。

そこで、NFTお寿司職人さんは、応募期限ギリギリまで、できる限り多くの作品を作り続けました。

なんと約2カ月の間、毎日、毎日ボクセルアートやボクセルアニメーションの制作活動を続けたそうです。

凄まじい集中力ですね!

 

4:応募から、合格発表までの流れを教えて下さい

 

フォン
フォン
当時のCreators Fundの応募から合否までの流れはどうだったのかな?
NFTお寿司職人さん
NFTお寿司職人さん
他の方は、わかりませんが、私の場合だと・・

 

NFTお寿司職人さんの場合
  1. 応募フォームに入力(一次審査)
  2. 受付完了メール
  3. 約3カ月後/一次審査合格メール
  4. 二次審査
  5. 1日後/二次審査合格メール

 

今回の流れが通常で定番なのかは、不明だということ。

審査課題に関しては公には出ていないので、発言は控えるとのことでした。

二次審査後の発表が早いのでドキドキしますね!

 

ポイント

 

最新情報はThe Sandboxの公式TwitterやMediumから追った方がいいですね。

情報も変更される可能性もありますし。

 

5:Creators Fundに合格したら、どのような働き方になるのですか?

<Creators Fund合格者に聞いてみた>Sandbox公認クリエイターへの道マーケットプレイスのようす *NFTお寿司職人さんの作品ではありません

 

フォン
フォン
今後の働き方、関わり方はどうなっていくのかな?
NFTお寿司職人さん
NFTお寿司職人さん
コレです!と言った回答はまだできないのです・・

 

受かったばかりで、何もかもこれから。

The Sandboxのチームとして働いたことがないので、まだ詳しくは分かっていないようです。

気になる方は、Sandbox Creators Fundの日本人アーティストをマネージメントされている、Venさんの動画が参考になるかも?

大きな町作りを行っているチームもあるそうで、この辺りの情報は要チェックですね。

 

6:合格するために、やっておいた方がいいことがあれば、あるいは、やっておいてよかったことがあれば教えてください

<Creators Fund合格者に聞いてみた>Sandbox公認クリエイターへの道Voxedit

 

フォン
フォン
やっててよかった~と思うことはありますか?
NFTお寿司職人さん
NFTお寿司職人さん
当たり前のことになりますが

 

やっぱり当然ですが、The Sandboxが提供しているVoxeditやGame Makerを触り倒すことが重要。

できるだけボクセルアートを制作し、モデリングやアニメーションを付ける練習をしておいた方がいいとのこと。

また、The Sandboxのマーケットプレイスで提供されている作品を、じっくり見て学ぶことも大事なポイントだと、回答を頂きました!

 

\ボクセル制作をしたい!/
Sandboxを始める

 

The Sandboxの体験版が終わっても、ボクセル制作ツール『VoxEdit』は自由に使える

<Creators Fund合格者に聞いてみた>Sandbox公認クリエイターへの道

 

現在は、The Sandbox(サンドボックス)のAlpha Season2といって、体験版がリリースされています。

体験版が終了しても、ボクセル制作やSandbox Game Makerでのワールド制作も可能。

もちろん無料で、誰でもいつでも使えます!

現在はCreators Fundの募集は止まっていますが、来るべき再開に備えてコツコツ腕を磨いておくのもいいでしょう。

また、Gameデザイナーにもチャンスはあるので、The Sandboxで活躍の場が広がりそうですね。

それでは、今日はここまで。

 

フォン
フォン
NFTお寿司職人さん、ありがとうございました!!
NFTお寿司職人さん
NFTお寿司職人さん
お邪魔しました~!

 

\10,000文字超えのまとめ記事/

 

bitFlyerとBraveで暗号資産をためよう!

【BAT降臨!】bitFlyerの登録/口座開設してBraveと連携する方法暗号資産(仮想通貨)「BAT」が貯まります。
↑クリック↑

bitFlyer

↑クリック↑

ビットフライヤーがビットコインが貯まるクレカを始めました!
(利用開始にはbitFlyerのアカウントが必要です。)

 

RELATED POST