Web3.0

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

新時代のWeb3メールサービスである『Dmail』の始め方と、NFTアドレス(ドメイン)の購入方法について、わかりやすく解説します。

締め切り不明ですが、エアドロップやホワイトリストの対象になるイベントも開催中です!

 

大まかな流れ
  • STEP1
    仮想通貨の用意
    ETHとUSDTを用意する
  • STEP2
    希望アドレスの登録
    NFTアドレスの購入
  • STEP3
    ウォレットを作る
    『Plug』をインストール
  • STEP4
    アドレスの取得
    購入したNFTアドレスを受け取る
  • STEP5
    アドレスの確認
    購入したNFTアドレスを確認

 

ざっくり、上のような流れになるので、順番に見ていきましょう。

また、Dmailの特徴や何が革新的なのか?「そもそもGmailじゃダメなの?」といった疑問についても、解説しますね。

さっそく、いまからDmailを始めてみてください!

 

\最短10分/
bitFlyerで口座開設

/イーサリアムを用意する\

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法をさっそく解説。

この時点では、以下のことが準備できている前提でお話します。

 

これはしておいてね
  1. 仮想通貨(暗号資産)取引所で口座開設
  2. ETH(イーサリアム)を購入
  3. Metamaskウォレットのインストール

 

まだの方は、次の記事で解説しているので、MetamaskにETHを送金するところまで、頑張ってみましょう。

金額としては1万円あれば、購入代金+ガス代(Metamaskの取引代金)をまかなえると思います。

執筆時点(2022/05/02)では、プレセール中で、一番安いNFTアドレスで、9.99USDT(約1,300円)です。

ビットフライヤーでイーサリアムを買って、メタマスクに送金する方法
ビットフライヤーでイーサリアムを買って、メタマスクに送金する方法他の暗号資産取引所にはない、魅力たっぷりのビットフライヤー(bitFlyer)で、イーサリアム(ETH)を買って、メタマスク(Metamask)に送金する方法を紹介します。口座開設、Metamaskの設定と使い方、bitFlyer LightningでのETHの買い方あで画像付きで解説しています。...

 

Dmailの始め方:ETHとUSDTを用意する

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>一番安い7文字アドレスが3つ欲しかったので、30USDT以上を用意しました。

 

Dmailの始め方の一番最初は、ETHの一部でUSDTを購入すること。

USDTがDmailのNFTアドレスの購入通貨になるからです。

ちなみにICPでも買えます。

Uniswapへ行き、ETH→USDTをスワップ(交換)

2022/05/02の執筆時点では、NFTアドレスの購入費用は以下。

 

好きな文字数で買えるよ
  • 文字数7桁「9.99USDT」
  • 文字数6桁「29.99USDT」
  • 文字数5桁「79.99USDT」
  • 文字数4桁「199.99USDT」

 

必要なUSDT分をスワップしましょう。

Metamaskにガス代用のETHとUSDTは入りましたか?

 

Dmailの始め方:希望のNFTアドレスを購入する

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

Dmailの始め方、2つめの手順です、希望のNFTアドレスを検索し購入します。

Dmailへ行き、検索窓に希望の文字を入力して「Search」へ。

4~7文字のなかで自由に組み立てましょう。

誰かがすでに取得してればエラーがでるので、やり直しです。

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>好きなアドレスを作ろう!
Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

OKであれば、「Lock&Buy」

価格を確認して「Confirm」です。

次に「Metamask」を接続します。

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>「接続」→「署名」の流れになります。
Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

署名をして、ガス代金を支払って(確認ボタン)、購入終了です。

ガス代は時価なので1,000円~5,000円など、そのときで幅があるので注意。

このときに用意しておいたETHで支払います。

「Payment Successfull」とポップ画面がでればOK!

 

Dmailの始め方:Plug(プラグ)ウォレットをインストールする

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

Plug(プラグ)ウォレットを、お使いのGoogle Chromeやfirefox、Braveなどに、拡張機能からインストールします。

Plug(プラグ)へ行き、「Chromeに追加」

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

拡張機能アイコンをクリック→「Plug(プラグ)」を選択。

「Create Wallet」でウォレットを作っていきます。

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

パスワードを12文字以上で決めて下さい。

「I made a secure password」から次へ。

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

「Reveal Secret Recovery Phrase」をクリックすると、あなたのウォレットを復元するときに必要な、シークレットフレーズが見れます。

 

ポイント!
  • 必ずメモをとり保管する
  • 念のためスクショも
  • 他人には教えない

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス> Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

メモを残せたら「I wrote down~」にチェックを入れて、「Continue」へ。

これで、Plug(プラグ)ウォレットの作成完了です。

 

Dmailの始め方:NFTアドレスを取得する

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

次はDmailのNFTアドレスを取得します。

右上の「My Order」へ、もしウォレットの接続画面が出れば、Metamaskを接続してください。

あなたが購入したNFTアドレスが表示されているので、右側の「Receive NFT」をクリック。

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

Plug(プラグ)ウォレットの「Principal ID」を要求されます。

拡張機能アイコンから、Plug(プラグ)ウォレットを起動。

パスワードをいれて「Unlock」

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

右上のアイコンをクリック→Editアイコン(ペンのマーク)へ。

表示されてる「Principal ID」をコピー。

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

さきほどの、画面に戻りペースト→「Confirm」をクリック。

「Received Successfully」とポップ画面が出ればOKです。

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

「Receive NFT」だった箇所が「NFT issuing」に変われば、取得中なので待ちましょう。

指示には48時間以内に送られてくるとあります。

 

Dmailの始め方:NFTアドレスを確認する

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

48時間経ったので、Dmailで購入したNFTアドレスの受取確認をしましょう。

Plug(プラグ)ウォレットを起動→「NFTs」をクリック。

「Dmail Network」と表示されていて、手紙のアイコンが表示されているはずです。

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

手紙アイコンをクリック→「Attributes」を確認。

あなたが指定して購入したNFTアドレス名が表示されていれば、大丈夫です。

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

お疲れさまです!

「NFT issued」と表示されていますね。

これで、Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法はバッチリ。

 

ポイント!
  • Plugを起動させて、NFTsに表示されるまで時間がかかる
  • 何度かウォレットを閉じて→開いてをすると反映された
  • Dmailの本格サービス開始はまだ、情報を待ちましょう

 

Dmailを始めよう!特徴とGmailとの比較を

Dmailの始め方がわかったところで、特徴やメリットはいったい何なのか?

一般的に多く使われているGmailとの比較もして、魅力を確かめていきましょう。

 

Web3メールサービス『Dmail』とは?

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

『Dmail』とは、Dfinity財団が開発したICP(インターネットコンピューター)上で使われる、分散型メールサービス。

ICPは分散型のクラウドサービスを目指しています。

高速で処理ができ、誰もがICP上に自由にサービスを展開できます。

DmailはWeb3を代表する、新しいメールのカタチ。

現代の課題をいくつも解決する力を持っています。

 

Dmailが革新的な3つの理由

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

Dmailが革新的な理由は、大きく分けると3つ。

 

ここがすごいよ!
  1. アドレス(ドメイン)がNFT
  2. プライバシーを保護する
  3. 勝手に利用停止にならない

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

まず1番目に、NFTとはデジタルデータを唯一無二と証明し、希少性を与えるテクノロジーです。

あなたが作ったNFTアドレス(ドメイン)も、売買の対象になるということ。

有名人や企業が欲しがるようなドメイン名は人気がでるかも?

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

2番目に、Web2の代表格であるYahoo!、Google、Amazonなどは、便利なサービスを提供する代わりに、さまざまな方法で個人情報を集めています。

そしてどんどん、広告を見せてきますよね?

Dmailはあなただけのメールサービス。

誰もあなたの情報を抜きません。

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

3番目に、Yahoo!やGoogleなら、一発であなたのメール機能を止めることができます。

利用しやすい反面、企業に個人通信インフラを握られているようなもので、実は息苦しい。

Dmailは分散型なので、支配者はいません、勝手に止められることはありません。

 

Dmailの特徴とGmailの課題

Dmailの特徴
  1. アドレス(ドメイン)がNFT
  2. プライバシーを保護する
  3. 勝手に利用停止にならない
  4. メール機能だけでなく、NFTや暗号資産も送れる
  5. エアドロップを受け取れる可能性がある

 

Dmailの特徴も紹介します。

①~③はさきほどの説明と重なりますが、便利なのは④ですね。

テキストや画像の送信は今までのメール機能でもありましたが、分散型ネットワークを使うDmailでは、NFTや暗号資産も送れます。

 

フォン
フォン
あれ?Metamaskウォレットと似てるね!

 

そうです、暗号資産を管理するMetamaskなどのウォレットに、メール機能がついているようなものです。

ありそうでなかった、便利なサービスがついに登場。

 

Gmailの課題
  1. 支配的
  2. 個人情報の搾取
  3. セキュリティー

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

私たちのデータは、Googleという大企業に握られてしまっているのが現状。

Dmailはこの状況を変えていきます。

ただ、デメリットとしては有料だということ。

そして、導入にはウォレット開設やETHの用意も必要。

個人的には、それでも恩恵は大いにあると感じているので、今から楽しみです。

 

Dmail公式情報

 

<締め切り不明!>DmailのNFTアドレスを取得したらやっておくべきこと

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

今回、無事にDmailのNFTアドレスを取得したら、Discordに入り「認証(Verify)」をすませて、Twitterの応募フォームから登録をしましょう。

Discordでロールがつきます。

Dmailに関する情報と、トークンのエアドロップやホワイトリストなどの受け取り対象になるとのこと!

「rules-Verify」に行き、緑色のチェックマークをクリック。

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

認証されると、各チャンネル板が表示されてるようになります。

次に、このTwitterの投稿へ。

応募フォームに以下を入力。

 

応募フォーム
  • あなたのDiscordでの名前
  • あなたのNFTアドレス名(ドメイン)
  • PlugウォレットのPrincipal ID
  • PlugウォレットのNFTsのスクショ

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>

 

数日経って、応募が認められるとDiscord内での名前の色が、白色→水色?に変わります。

応募は1人1アドレスのみ。

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>応募前はロールなしで白色でした、応募後は水色に。

 

トークンのエアドロ時期や、この企画の締め切りなどは不明です。

応募は簡単なので今すぐ、やっておきましょう!

 

Dmailの始め方とNFTアドレスの購入方法<Web3メールサービス>まとめ

Dmailのまとめ
  1. ETHとUSDTを用意
  2. MetamaskとPlugウォレットを用意
  3. 文字数で料金が違う
  4. データの所有権はユーザー
  5. トークンや暗号資産も送れる
  6. Gmailよりも分散型で非中央集権的
  7. エアドロップの可能性あり

 

Dmailの本格的なサービス開始は、2022年度内が予測されています。

プレセールのうちに早めにNFTアドレスを購入しておきましょう。

あとで、高くなるかも。

そして希望の文字列もどんどん埋まっていくので、今のうちに取っておく方がいいでしょうね。

必ず使うことになるETHは、少額からかんたん積立もできる、bitFlyerなどで用意するといいですよ。

業界最長7年以上ハッキングもなくセキュリティーも安心。

\最短10分で口座開設/
bitFlyerで用意する

 

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法
【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法web3,分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOMを使った認証方法とアカウントの作り方を解説しています。多くの人が「認証パーティ」( verification party)でつまづいて、諦めるハズです。少しでも参考になればと思い、実際にやってみました。画像付きで説明しています。...
bitFlyerとBraveで暗号資産をためよう!

【BAT降臨!】bitFlyerの登録/口座開設してBraveと連携する方法暗号資産(仮想通貨)「BAT」が貯まります。
↑クリック↑

bitFlyer

↑クリック↑

ビットフライヤーがビットコインが貯まるクレカを始めました!
(利用開始にはbitFlyerのアカウントが必要です。)