Web3.0

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法

BrightIDの最初の「認証パーティ」( verification party)に参加する方法で困っていませんか?

なんと面倒くさいことに、ZOOMでミーティングをしないと最初の認証が得られない仕組みなのです。

しかも英語や中国語。

【攻略!】BrightIDのZOOM認証方法とアカウントの作り方

本記事では僕が、実際にBrightIDの認証パーティにZOOMで参加し、無事にアカウント認証が完了したので、その攻略方法を解説します!

BrightIDとは?

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法

BrightIDはユーザーが「自分はbotなんかの複アカ運用なんてしてません、唯一無二の人間です!」を証明するためのIDアプリ。

世界中で繋がる人々とのやりとりはp2pで行われ、中央集権的に奪われ管理されることはありません。

サーバーやアプリにさえ管理されません。

ソーシャルグラフ(相関図)はユーザー同士の「認証判断」から広がるので、「この人あやしい!(bot?)」と思われると、はじかれる仕組み。

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法

このBrightIDで作ったアカウントで他のAppsにリンクさせることも可能で、共通のIDとして使用されていく設計です。

信頼性の高いIDなので採用されているのです。

リンク可能なアプリ
  • 1Hive
  • Gitcoin
  • Burn Signal
  • RabbitHole

BrightIDのメリット

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法

BrightIDのメリットはIDを作成したり、その他のAppsにリンクをしたりしていくと、「$BRIGHT」トークンのエアドロがあるところです。

fairdropとも呼ばれていますが、要はBrightIDをメインにして、「いろんなアプリで使ってくれてありがとうね」、の配布ですね。

終了しているものも多くあるので、最新情報はコチラを。

→貰える資格

→fairdropのclaimサイト

BrightIDのアカウントを作る

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法

まずは、BrightIDをスマホにDL。

さっそく、先にアカウント情報を入力しましょう。

「name」と「プロフ画像」、「Twitter」などのリンクも貼れるので、リンクしてみましょう。

パスワードもしっかり管理、メモっておきます。

【攻略!】BrightIDのZOOM認証方法

BrightIDの何が一番難しいかと言うと、「認証パーティ」と呼ばれる、ZOOMを使った初回1回限りのホストとの面談です。

これを攻略しましょう!

アプリで作ったアカウントが本人かどうか(botじゃないか)を、ホストとなった別のユーザーがZOOMで確認します。

【攻略!】BrightIDのZOOM認証方法:①面談スケジュール

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法

BrightIDのZOOM認証方法の面談スケジュールはコチラから。

好きな時間帯で基本は「English」を選びましょう。

もちろん中国語やスペイン語が分かるなら、その時間でもOK。

その時間ちょうどになったら、クリックしてホストのZOOMへ入ります。

ホストが承認してくれると入れます。

スマホのBrightIDアプリも立ち上げておきましょう。(僕はPCでZOOMをしました)

本人確認なので顔出しです。ビデオはONに。

【攻略!】BrightIDのZOOM認証方法:②一斉面談スタート

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法

BrightIDのZOOM認証方法、次のステップは一斉面談のスタート。

と、言ってもよく分からない英語で説明が進み、話を聞いておくだけです。

しかも僕の時は「電波が悪い!」といって、途中で中断、笑。

こちらは何もしゃべる必要はありませんでした。

このホストは純・米英語スピーカーではなかったので、ほとんど聞き取れませんでした・・。

【攻略!】BrightIDのZOOM認証方法:③ホストのリンク

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法15分で有効が切れる仕組みのリンクだそうです

BrightIDのZOOM認証方法の肝は、ホストがZOOMのチャット内に落としてくる、リンクを使うこと。

BrightIDアプリ内のカメラでQRコードを読み取り。

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法

ホストの情報が出てくるので、真ん中の「Just met」を選択。

「← Connection」で戻ると、「Connection」が「1」になっているハズです。

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法

これでOK!

ホストと繋がりました。

【攻略!】BrightIDのZOOM認証方法:③本人確認される

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法僕ではありません、w

BrightIDのZOOM認証方法で一番ドキドキなのが、名前を呼ばれることです。

参加者全員がホストとのConnection作業が終われば、ホストがアカウント名を呼び始めます。

呼ばれたら、手を上げて「Hi !!」と言えばOK。

これで終了です。

ホストによってはBrightIDの使い道、目的などを聞いてくることもあるそうです。そういう時は、有名なアプリの1Hive、Gitcoin、Burn Signal、RabbitHole、などから答えればいいそうです。

【攻略!】BrightIDのZOOM認証方法:④リカバリー方法のリンクを貰う

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法

BrightIDのZOOM認証方法の最後は、BrightIDをなくした時のリカバリー方法。

説明文のリンクがZOOM内のチャットで貰えます。

もちろん英語なので、コピーして翻訳して保存しておきましょう。

あとは、何かごちゃごちゃ言ってますが、もう終わりです。

「サンキュー、グッバイ」とか言ってるので、「退出」でOK。

【攻略!】分散型ソーシャルグラフ「BrightID」のZOOM認証方法

僕の場合は30分ほどで、スマホのBrightIDアプリのアカウント名の下が、「unverified」→「Meets」になりました。

これでBrightIDのZOOM認証、通称「認証パーティ」の攻略完了です。

【まとめ】BrightIDのZOOM認証方法とアカウントの作り方

まとめ
  1. BrightIDの認証にはZOOM面談が必要
  2. ZOOMは顔出し
  3. いろんなアプリと接続して、fairdropを狙える

ほかのユーザーとの繋がり方はコチラ。

基本的には地道にQRコードを見せ合って繋がっていくことに。

基本は「Just met」を選んで繋がっていけばいいそうです。

以上です。

【大公開】Ninja DAOでDAOワーク! <プロジェクトの作り方と参加方法>
【大公開】Ninja DAOでDAOワーク! <プロジェクトの作り方と参加方法>筆者が実際にCryptoNinjaを運営するNinja DAOにて、プロジェクト「メタバース初詣」を立ち上げ、その過程で分かったDAOワークプロジェクトの作り方と参加方法を解説します。Ninja DAOはまだまだ完全なDAOではありませんが、仮想通貨、NFT、メタバースを楽しむメンバーが集まってきています。...
bitFlyerとBraveで暗号資産をためよう!

【BAT降臨!】bitFlyerの登録/口座開設してBraveと連携する方法暗号資産(仮想通貨)「BAT」が貯まります。
↑クリック↑

bitFlyer

↑クリック↑

ビットフライヤーがビットコインが貯まるクレカを始めました!
(利用開始にはbitFlyerのアカウントが必要です。)