仮想通貨始め方

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

ついに「ビットコインを購入したい!」という願望を叶えたよ。

「どこでいくらから買える?」ってぜんぜん、分からなかったし、いまも微妙だけど、なんとかなった。

取引所と販売所とか本当にややこしい。

だから、同じようにお金を握りしめて仮想通貨に突入する後輩たちにむけて記録を残そう。

こんにちは、アラフォンです。2021年2月から仮想通貨の勉強を開始!

投資未経験で超初心者のアラフォーがビットコインに挑戦。

妻に内緒のなけなしの100万を握りしめ、とうとう魔界に突入しました。

私の失敗と成功、そして成長を後輩たちに(勝手に)残そう。

【たった4ステップ】ビットコインの購入方法

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

ビットコインはざっくり4つのステップで購入できたよ。

 

仮想通貨をやるならまずは取引所で登録。

免許証や保険証の写真を提出して本人確認する必要がある。

スマホのカメラからできるので面倒くさくないよ。

①【コインチェック】ビットコイン取引所でアカウント登録

右も左も分からないながら、調べまくった結果Coincheckという取引所に到着。

操作画面も直感的に分かりやすかった。

いざ、何度も確認し最初の資金300,000円を投入!

まずはここに登録してビットコインを買ってみたので、順をおって解説します。

こちらからコインチェックのサイトに行き「新規登録」をチェック。

ちなみにスマホからの登録の方が、免許証などの本人確認画像ですぐに送れるのでオススメ。

新規登録画面ではメールアドレスとパスワードを登録。

登録したメルアドに確認メールが来るので認証する。

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

 

届かない場合は入力したアドレスが間違ってるか、迷惑メールフォルダに入ってしまっているか。

アカウントが作成できたら「重要事項の承諾」を読み承諾し、電話番号を登録。

登録した電話番号にSMSが届くの6桁の認証コードを入力しよう。

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

 

あとは「本人確認」を片付けるだけ。

②運転免許証などで本人確認をする

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい汚ねぇ、免許証だ
どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

 

次は本人確認で、使える証明資料は以下のようなもの。

裏面の提出も必要
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明
裏面はいらない
  • マイナンバーカード
  • パスポート

 

パスポートは顔写真と住所のページでOK。

さっき貼り付けた公式サイトの動画の通りに写真にとって画像をあげたら大丈夫、撮り直しもできるよ。

私は運転免許証でやりました。

これでアカウント登録は完了で、口座開設完了のメールを待つだけ。

スマホからの最速登録でも、だいたい5日くらいはかかるみたいなので、仮想通貨に突入したいなら開始したい1週間前に、前倒し登録する気持ちでいいんじゃないかな。

→【公式】Coincheckサイトへ

 

二段階認証設定は必須!方法はこちら

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

 

二段階認証設定はセキュリティを強化するために必須な登録。

Googleのアプリである『Authenticator』というものを使っていきます。

国内・国外取引所などでログインする時に頻繁に使うことになるので、絶対にアプリを削除しないように。

おっさんの私でもできたので、そんなに難しくないハズ。

ただし、『セットアップキー』はコピーして、メモアプリやパスワード管理ツールなどにペーストして大切に保管しておくこと。

機種変更や急なトラブルの時に、アカウントの引き継ぎができるし。

→コインチェックの二段階認証設定を見る

→サポート対応はコチラ

 

③さっそく取引所へ!ここで日本円を入金

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

 

コインチェックで口座開設ができたら、いよいよ実際にビットコインを購入。

めちゃくちゃドキドキした!

コインを買うには日本円を入金しないとね。

入金方法は3つ。

 

銀行振込(GMOあおぞらネット銀行、住信SBIネット銀行)

銀行振込の一番のメリットは唯一、入金手数料が無料なこと。

振り込み先銀行は、GMOあおぞらネット銀行、住信SBIネット銀行の2つ。

当然、振込先口座番号は人によって違うので、くれぐれも間違ったところに入金しないように。

こういうのは何度も確認。

普段、あなたが使っている銀行口座から振り込んでね。

そして必ず振込人名義を「ユーザーID番号+ 登録カナ氏名」にすること。

忘れちゃだめ!!

まずは100万中、30万円を送ってみた。

ちゃんと届いたときは、ほんとホッとした。

ちなみに私は楽天銀行を使ってるので、そこから振り込み作業。

楽天経済圏を意識すると楽天ポイントがスグ貯まって、振込手数料もポイントで払えちゃうんで、やらない理由がないんだよね。

 

コンビニ入金

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

 

コンビニ入金はなななんと、770円の手数料が発生!

3万円未満の場合は手数料が770円、3万円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円。

そしてコンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円。

入力して「お支払い情報を発行」を押すと完了で、あとは受付番号やバーコードを使ってコンビニで支払いだけど、支払い期限が申請から3時間以内なんだ。

カツカツ?

→コンビニ別の入金方法の詳細

クイック入金

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行などのインターネットバンキング口座を持っている人はクイック入金ができる。(その他の金融機関

クイック入金はクイック(速い)なだけに、入金手数料がやっぱり高い!

3万円未満の場合は手数料が770円で、3万円以上50万円未満の場合はバカ高くて、手数料は1,018円!!

入金額が50万円以上の場合、「入金金額×0.11%+495円」が手数料だって。

高けぇぇっ!って。

結論、とっとと入金手数料がゼロになる銀行口座を作ったほうが、いいよね。

①②はもともと対応銀行だし、③は楽天ポイントを活用すれば振込手数料もかからないしね。

  1. GMOあおぞらネット銀行
  2. 住信SBIネット銀行
  3. 楽天銀行(個人的におすすめ)

 

④いよいよ購入!ビットコインの購入方法は「販売所」と「取引所」の2つ

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

で、30万握りしめた私の次のハードルはビットコインの購入。

戸惑ったのがビットコインの購入方法には『販売所』と『取引所』があるってところ。

なんやねん、ワケ分からん。

まぁ、答えは『取引所』が正解で手数料を節約できる。

状況にもよるけれど、基本的には取引所でOK。

 

販売所で購入するとどうなるのか?

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

販売所とはコインチェックが持っている仮想通貨を売買すること。

つまりお店に行って買い物する感じね。

コインチェックが取り扱ってる仮想通貨に値札(値段)を勝手につけてるので、数量を入力して購入したり売るだけ。

※コインチェックの場合ね↑

良いことずくめなのですが、便利で速い取引ができる分、お店であるコインチェックは最初の値札(値段)に料金上乗せして稼いでる。

なので、取引所と比べると高くなる。

って、初心者だった私が実際に体験した話ね。

だって、ビビってたし・・。

かんたんに速くビットコインを購入できる方がいいかなーと思ってね。

 

取引所で購入するとどうなるのか?

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

で、取引所はなんなのか?

そこはアラフォンのようなおっさんたち(失礼っ!)、つまり一般人同士の取引ってこと。

例えば「ビットコインを10万円で1BTC買いたい!」と「ビットコインを10万円で0.5BTC売りたい!」っていうような人のマッチング場所。

「買い板/売り板」を見ながら、希望のレート(希望価格)、注文量(数量)を入力してビットコインを購入します。

私も取引所で購入しました。

ざくっと手順を載せときます。

  • STEP1
    注文を選ぶ
    売り注文か買い注文かを選択
  • STEP2
    レート選択
    板の中から注文したいレート(価格)を選択
  • STEP3
    注文量選択
    注文量を入力
  • STEP4
    計算確認
    Coincheckが自動で計算
  • STEP5
    注文する
    確認して『注文する』で取引完了
どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

スマホアプリからじゃなく、「取引所」はPC版のホームから。

売買する通貨を選んで(今のところ4通貨のみ対応、それ以外は販売所になる、セコイ~)、板の中から注文したいレート(価格)をクリック。

自動で入力されるので、予算を睨めっこで注文量を決めると概算が出る。

意外と簡単だった。

コインチェックは板が見やすいのでよかった。

ちなみに価格を指定して注文することを「指値注文」と言うそうです。

OKなら下の「注文」で終了。

取引所メリット
  • 個人と個人の取引なので手数料割安
  • 希望の購入金額で注文できる
  • その時間帯の需要と供給がわかる
取引所デメリット
  • マッチングしなければ、いつまでも売買が成立しない
  • 最低注文量が決まっている
  • なんか難しそうに見える

 

まぁ、難しそうにみえるけど基本的には取引所をオススメかな。

自分でも買えるのに、会社に上乗せして支払うの悔しいよね。

手数料は節約したいもん。

そんなこんなで、とうとうビットコインをゲットしたぜ!!

(ごめん、写真撮り忘れでないです~)

→【公式】Coincheckサイトへ

100万円握りしめるなら、取引所がどこがいいのか?

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

ここまでビットコインの購入方法を解説してきたけど、最初はコインチェックの一択じゃなくて他にも調べてみたんだ。

国内には多くの仮想通貨取引所が他にもあって、それぞれ特徴もあるのでぶっちゃけ好きなのを選べばいい。

それにどの取引所もアカウント開設は無料なので、私も複数の取引所の口座をもっていて、いざという時に使えるようにしてある。

口座開設の作業や本人確認の証明とかってどこも同じだし、一気にまとめてやった方が断然ラク。

コインチェック(Coincheck)は使いやすい

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

仮想通貨に初めて挑戦している私が選んだのは、コインチェック。

コインチェックといえば「巨額ハッキング事件」が有名。

全額補償されたけど、この事件で『ビットコイン』という単語が知れ渡ったのでは。

自己資本で500億円以上の盗難を補償したという、前代未聞のニュース。

今はマネックスグループ傘下となり、平和で業績も安定してるって。

で、なんでここを選んだか?

サイトやアプリ画面が見やすくて、操作しやすかったから。

初心者には『使いやすい』ってストレスめっちゃ減るから大事でしょ。

500円からでも買えるし「仮想通貨怖い・・、でも気になるぞ!初めてだし、少しだけビットコインを買ってみよというビギナーはコインチェックでいいかな。

→【公式】Coincheckサイトへ

ビットフライヤー(bitFlyer)は初心者の味方

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

ビットフライヤー(bitFlyer)は仮想通貨で日本最大の取引所。

セキュリティの高さがウリで、株主には大企業がついている。

ビットコインFXもできて、多くのビットコイントレーダーが集まる取引所なんだって。

過去には世界一のセキュリティ取引所として評価されたそうな。

ほんまか!?世界一??

まー確かに株主をみるとすごいね。

なんか経営自体は引き締まって安定してる印象。

頻繁な売買をするガチのトレーダーにかなり人気。

ビットコインFX、ビットコインのレバレッジ取引にどっぷり浸かりたい人はココ。

そして初心者が助かると思ったのが、bitFlyerの『かんたん積立』

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

仮想通貨??ブロックチェーン技術??アルトコイン??DeFi??

もう、調べるほどに脳死状態・・。

難しんだよね、仮想通貨の世界って。

そんな中、ビットコインを可もなく不可もなく、たんたんとリスクを抑えながら購入できる方法がbitFlyerの『かんたん積立』

これは『ドルコスト平均法』といって積立投資のこと。

「毎月決まった予算で、黙々とその銘柄を買い続ける」投資法。

長期戦略やね。

素人が投資タイミングなんて分かるはずもないんでね、これはすごい発明。

自分で悩んでコツコツ買うのが面倒な人は、積立して放置。

長期分散でビットコインを買い続けるのもアリ。

ちなみにビットコインだけじゃなくて、その他(アルトコイン)にも対応しています。

「毎日1回、毎週1回、毎月2回」とか選べて、めっちゃ便利じゃない?

しかも1回あたり1円から買える、笑

自販機でジュース買うお金をこっちに回す感覚でいいよね。

ビットコインの値動きに惑わされる素人より、とっとと積立設定して、魔界相場から離れて現実世界で普通の生活送っておきましょ。

タオタオ(TAOTAO)のバックはYahoo!という強み

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

調べてみた、最後はタオタオ(TAOTAO)

Yahoo!のZホールディングス(株)の子会社取引所。

大企業がバックなので、利用者の資産セキュリティも安心感がある。

ビットコインの購入はもちろん、レバレッジ取引にも対応。

なんといってもここの強みは『入出金手数料、取引手数料が無料』

ほんまか!!??

・・・

・・・

ほんまやった。

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

 

で、なんでこんな安いのか?

いや、もうYahoo!は資本もってるからでしょ。

力業よね、こういうの。

頻繁に取引したり、ワチャワチャ資金をいじくり回すコアなユーザーには、メリット大の取引所だということが分かった。

どうにか30万円分のビットコインを取引所で購入して、仮想通貨スタート!

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい
どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい今は海外取引所に移してるので残金はこんな感じ

と、まぁいろいろ調べてどうにかビットコインをコインチェックで購入して、仮想通貨ライフを始めてみた。

不定期だけれど、今後もいろいろ体験談を書いていきますね。

今日のまとめをするよ。

私と同じように初心者で家族に内緒のお金を運用するあなた。

やる気満々のアラフォーのそこのあなた、笑。

分からなかったら、私と同じようにやれば、とりあえず口座開設までいけますよ。

→Coincheckで口座開設

ビットコインの購入には・・

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい
コインチェックでOK
  1. 登録
  2. 本人確認
  3. 入金
  4. 取引所で購入

 

本人確認認証まで数日かかるから、早めにとりかかろう。

スマホが便利だし、ネットバンキング口座を持っていた方がラク。

コインチェックなら入金口座番号や振り込み名にID番号を必ず付け足すこと!

そしてビットコインの購入は『取引所』の一択ね。

 

ビットコインの購入は販売所?取引所?

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

取引所でユーザー同士の売買が難しく感じたなら、コインチェックから買う販売所でもいいけど割り増し料金になってるよ。

資金に余裕があって悩みたくないリッチマンなら別にいいけど。

庶民は取引所で注文するのが一般的。

 

条件別で取引所を選ぶなら→結論、全部口座作っとけ!

どうにかビットコインを購入!取引所と販売所ってややこしい

取引しやすく、操作画面もシンプル
コインチェック(Coincheck)

思考停止でコツコツ積立
→ビットフライヤー(bitFlyer)

頻繁に売買、手数料無料の天国
→タオタオ(TAOTAO)

あとは、ビットバンク(bitbank)も!

コインチェックよりも、取扱通貨の少ないbitbankやけど、それでもおすすめする理由は、トレーダーに人気+手数料の安さ!

これも見逃せないね~。

複数の口座で運用資金も分散させておくと、取引所のアクシデントにも強い。

あなただって、銀行は複数使い分けてるでしょ?

投資の方法によって使い分け、その取引所にしか置いてない通貨を楽しむべし!

どうせ、口座開設手順はどこもだいたい同じ。一気にやってしまおう。

では、いい仮想通貨ライフを!

私もがんばります~。