NFT

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

この記事では仮想通貨界隈や、分散型SNS、DAOコミュニティでもよく耳にする「POAP」と、その使い方について解説していきます。

 

こんな人に読んで欲しい
  • POAPってたまに聞くけど結局、なに?
  • POAPで発行されたNFT持ってるけど、使い方は?
  • 持ってた方がいいの?

 

NFTはさすがに聞き馴染んできたけれど、POAPって謎ですよね?

価値があって、有名ならばみんなもっと注目しているはず。

なんだか、微妙な存在。

なのでちょっと調べてみました。

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

POAPとはどんなNFTなのか、使い方や特徴を順に追っていきましょう。

そもそも、POAPって・・?

POAPとは?

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

POAPは「ポープ」と読み、「Proof of Attendance Protocol」の略になります。

超簡単に結論づけると「参加証明バッジ」

何かのイベントに参加した証として与えられる、「NFT化されたバッジ」と思ってください。

この「イベントに参加」という行為が、今後の分散型SNSの時代に注目されます。

POAPの仕組み

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

POAPは、イーサリアムの互換性のあるサイドチェーン、「xDaiチェーン」で作られて発行されます。

イーサリアムのアドレスがあれば受取可能。

イベント企画者も参加者も、高速で安い「NFTバッジ」でないと、気軽に配布も申請もできませんよね?

なので基本的には手数料なしで取引が完結することが多いです。

POAPの使用例は?

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

では、POAPはどんな使われ方をしてきたのか?

いくつか例があるので、イメージがつきやすいと思います。

adidasのPOAP

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

adidasがメタバースに進出してきたのは2021年末。

ショッピングアプリ『CONFIRMED』の会員限定で、POAPの無料配布イベントを開催。

これはadidasがメタバースで「ガンガンしかけていくよ!」の宣誓みたいな企画で、その記念にPOAPを発行したのです。

SushiSwapのPOAP

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

SushiSwapのPOAPは、自立分散型組織「DAO」の中で、コミュニティ会議や質問会「AMA」の参加者に配布されました。

この使われ方は、シンプルに「参加証明書」のバッジで分かりやすいと思います。

DecentralandのPOAP

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

今後、大注目のメタバースの1つ「Decentraland」。

その世界の中では、現実さながらのイベントも開催されています。

例えば、「KnownOrigin Launch Party」というイベント。

デジタルアートの展示企画で、参加者に配れました。

おもしろいのは、他のアートイベントと連動していて、POAPを10個すべて集めると、有名アーティストの特別版のNFTアートが貰える仕組みでした。

CoinGeckoのPOAP

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

仮想通貨を扱ってる人ならおなじみの、「CoinGecko」は日本版も充実しています。

そんな日本コミュニティに向けて、可愛らしいイベントがあったのが「CoinGecko 七夕NFT 2021」。

毎日ログインしてポチるだけで、コツコツ貰える「キャンディ」と引き換えに、七夕祭りを記念して、オリジナルPOAPが配れました。

CyberConnectのPOAP

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

日本では12月頃にブームがきた、注目の分散型SNS「CyberConnect」

SNSなどで繋がってきた個人の相関図「ソーシャルグラフ」を、ブロックチェーンで管理する仕組みです。

TwitterやFacebookに自分の「繋がり情報」を握られてるのは、なんかコワイですもんね。

そんなCyberConnectでも、キャンペーン企画でPOAPの配布がありました。

ちなみに、僕のCyberConnectのアカウントです。

ぜひ、フォローお願いします~。

→https://app.cyberconnect.me/address/cryptofon.eth

POAPできること<未来予想も含む>

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

POAPって、結局手に入って何ができるのでしょうか?

配布側の狙いや、企画参加者の期待なども考えてみましょう。

つまり「持っていて得なの?」っていう疑問ですね。

POAPはラジオ体操の参加シール?

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

子供の頃、夏休みといえば早朝からのラジオ体操への参加。

毎朝、参加証明としてシール帳にシールを集めていったのが懐かしいです。

POAPを貰うユーザーは「毎回、このイベントに参加してるんだ!」という”勤勉さ”とPOAPを集める”コレクティブ”な喜びを感じることができます。

POAPはファンの証

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

ある特定のPOAPを集め続けるのは、熱狂的なファンの証明かもしれません。

属しているコミュニティ内において、自身のブランディングにもなりますし、ステータスにもなります。

こんな感覚に似てるよね
  • 推しアイドルのサイン会チケットを全部持ってる
    →熱狂的なファンをアピール
  • サッカーW杯の観戦チケットの半券を、予選から決勝まで持ってる
    →サッカー狂をアピール
  • バレー部のOB会には20年間参加し、備品の寄付もしている
    →組織への貢献度が高い

POAPは戦略的に使われる

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

では企画者側はどうでしょう?

先ほどのadidasのように「今後、持っていたら何かお得だよ」を匂わすのは、ビジネス的な戦略ですよね。

Decentralandのアートイベントでも、「10個POAPを集めたら、有名アーティストのNFTが貰える」も、イベント集客の常套手段です。

POAPホルダーだけの特権

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

指定されたPOAPを持っている人だけがアクセスできるコミュニティ。

指定された数を保有しているホルダーだけが貰えるNFTやトークン。

こんな線引きが今後も増えていくと思います。

つまり「POAPに価値が出てくる」ということですね。

イベントや発行元のコミュニティの認知度により、ハズレはあるでしょうが、結論「貰えるなら、貰っとけ!」の精神がいいのかな?と思います。笑。

POAP×分散型SNS

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

CyberConnectやDebankは、個人の情報を偽造できないブロックチェーン上において管理するサービスです。

人との繋がりや、ウォレット履歴がまるっと分かっちゃうので、「その人、どんな人?」がデータからわかる。

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>

では、その人「どんなことやってきたの?」が分かるのがPOAPかもしれない。

参加バッジなので、その人の「行動、興味、属しているコミュニティ」が分かる。

まさに、「デジタル名札・名刺」

バッジがステータスアイコンになるんですよね。

僕のDebank用のアカウントです。

フォローしてねー。

→https://debank.com/profile/0x470e6895988ca91479f463cafba048cb7e1eb6e3

【結論】POAPは魅力的な使い方ができるNFTだ!

POAPとはどんなNFT?<使い方の謎に迫る>
まとめ
  1. POAPは参加証明バッジ
  2. POAPは価値が付くこともある
  3. POAPはコレクティブな特性がある
  4. POAPはイベントにユーザーをステイさせる
  5. POAPは特権を付与/獲得できる
  6. POAPはステータスになる

結論、POAPの使い方はこのようにまとめられる。

貰えるものは、貰っておこう!

Twitterで流れてくる情報にはすかざずブックマークで。

人気NFTコレクションの「CryptoNinja」では、Ninja DAOというコミュニティがあります。

その中で仮想通貨関連のクイズ企画が開催中。

面白いですよねー!

一定の得点が出れば特別なNFTが配布されるので(当初はPOAPだった)、あなたのレベルをはかってみましょう。

このNFTもまた何かの”特権”として価値がでるのかも!?(期待)

NFT、POAP、メタバースを楽しむなら、仮想通貨とウォレットが必要です。

まだの方はコチラから↓

【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法
【初心者専用】CoincheckでETHを買って、Metamaskに送金する方法仮想通貨初心者に向けて、Coincheck(コインチェック)でETHを買って、Metamaskに送金する方法を画像入りで丁寧に解説。Coincheckの口座開設、二段階認証設定、本人確認の方法から、MetamaskのインストールやETHの送金方法まで網羅。初心者が押さえるべきポイントと、偽サイトや詐欺の注意も紹介。...
【一番ビビってる人専用】仮想通貨初心者の始め方<リスク回避特化版>仮想通貨初心者の悩みは始め方が分からないこと。そして初期費用と投資もなるべくかけたくないし、怖い噂やリスクばかりが頭をよぎります。そんな方に向けて他の記事にはない角度から、やさしい入門として初心者向けに仮想通貨の始め方を解説しています。ぜひ参考にしてください!...
bitFlyerとBraveで暗号資産をためよう!

【BAT降臨!】bitFlyerの登録/口座開設してBraveと連携する方法暗号資産(仮想通貨)「BAT」が貯まります。
↑クリック↑

bitFlyer

↑クリック↑

ビットフライヤーがビットコインが貯まるクレカを始めました!
(利用開始にはbitFlyerのアカウントが必要です。)