NFTの買い方

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザ

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザ

最近、OpenseaのPolygonチェーンがどん詰まりしていて、まったくTransferができませんよね?

せっかくNFTを始めたのに、ようやく日本でもNFTが盛り上がり始めたのに・・。

水を差すようなOpenseaのPolygonチェーンの遅延やエラー。

 

クリエイターの悩み
  • Giveaway企画なのに送れない
  • 当選者がずっと待っている
  • 次のGiveawayができない

 

時間をおいても、何度やってもPolygonチェーンではNFTが送れなくて、ウンザリしているクリエイターが続出。

これを解決するために、普段は使わないNFTの移動方法を紹介します。

自分でもやってみて成功したので、ちょっと手間ですが、挑戦してみてください。

1週間もTransferができない人もいるので、異常事態!

この裏ワザで解決です。

【初心者はマネするだけ!】仮想通貨ブログで月10万稼ぐ方法と始め方
【初心者はマネするだけ!】仮想通貨ブログで月10万稼ぐ方法と始め方【初心者はマネするだけ!】仮想通貨ブログで月10万稼ぐ方法と始め方について解説。稼げる理由と何から始めればいいのか、どんな記事をかけばいいのか、どうやって読者を集めればいいのか?も分かります。作者の実体験記事なので、参考になると思います。...

 

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザ

【Opensea問題】Polygonで、NFTが送れないクリエイターのための裏ワザを発動するには、必ず「少額のMATIC」が必要です。

0.05Matic(数十円ほど)もあれば、余裕でTransferできるでしょう。

 

NFTを送るのにまず準備するもの

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザ

 

NFTをPolygonで送る裏ワザで、まず用意するものは以下。

 

用意する
  1. 送信元のアドレス
  2. 送信先のアドレス
  3. NFTのトークンID

 

ぼくは、情報をメモ帳に打ち込み、ミスがないように、そして後で使いやすいように準備しました。

「送信元」は当然、あなたのアドレスですし、「送信先」はGiveaway先の方のアドレス。

 

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザ

 

「NFTのトークンID」は、OpenseaのNFT作品左側の「Details」からコピーできます。

 

polygonscanから『OpenSea Collections』へ

コントラクトに直接入力してNFTを移動させます。

当然この時点で、あなたのネットワークチェーンは、Polygonチェーン(MATICネットワーク)の「送信元」であること。

polygonscanから『OpenSea Collections』へ。

「Contract」になっているのを確認し、「Connected – Web3」をクリック。

 

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザ

 

Metamaskとの連携になるので、「OK」して接続してください。

「Connected – Web3」の横が、Metamaskと同じ表示なのを確認しましょう。

 

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザ

 

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザ

 

情報を「13. safeTransferFrom」に入力

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザ

 

「13. safeTransferFrom」の欄に、先ほどメモ帳に書いておいた情報を入力していきます。

 

_from (address) 送信元アドレス(この状態のアドレス)
_to (address) 送信先アドレス
_id (uint256) NFTのトークンID
_amount (uint256) 送りたい数量
_data (bytes) もう一度、送信元アドレス

 

メモ帳からコピペしていけば、ミスも発生しにくいハズ。

 

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザ

 

何度も確認したら「Write」で完了。

トランザクションを通します。

 

手数料を払って、Transactionを確認する

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザ

 

フォームに必要な情報を入れてWriteをすると、すぐにMetamaskか立ち上がって、手数料を要求されます。

といっても、めちゃくちゃ安いのでご安心を。

ぼくの時で0.005Matic(0.8円くらい)でした。

10秒くらい待つと「Write」のとなりに、「View your transaction」が出現するので、うまくできたか確認します。

 

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザ

 

ちなみに反映されるまで30秒から1分くらいかかるので、焦らない。

読み込み中ならいったん閉じて、また「View your transaction」をクリックすれば、いつの間にか成功してます、笑。

「Success」と緑文字ででればOK!

 

送信先のOpenseaを確認 or 連絡する

無事に届いているか、Giveaway先のOpenseaを確認しましょう。

最初は「Hidden」に入るので、見えないと思います。

 

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザ

 

DMで連絡して、確認して貰いましょう。

これで【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターの悩みは、まるっと解決です!

 

【Opensea問題】初めて直接コントラクトからNFTを送るなら

【Opensea問題】PolygonでNFTが送れないクリエイターのための裏ワザテスト成功!

 

Openseaのために、初めて直接コントラクトからNFTを送るなら、練習した方が無難です。

自分のOpenseaにアカウントが2つあるなら、自分→自分でNFTを送ってみてください。

テストは大事です。

もしくは、友達にテスト相手になって貰い、NFTを送って確認して貰いましょう。

早く、普通にPolygonの調子が戻って欲しいですねー。

では!

【無料】bitFlyerのクレカでビットコインが貯まるのを知らないあなたへ
【無料】bitFlyerのクレカでビットコインが貯まるのを知らないあなたへ暗号資産(仮想通貨)取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が2種類のクレカ(クレジットカード)を発表しました。利用するとビットコインが規定の還元率で貯まる日本初の仕組みです。年会費や入会キャンペーンについても解説しています。...
bitFlyerとBraveで暗号資産をためよう!

【BAT降臨!】bitFlyerの登録/口座開設してBraveと連携する方法暗号資産(仮想通貨)「BAT」が貯まります。
↑クリック↑

bitFlyer

↑クリック↑

ビットフライヤーがビットコインが貯まるクレカを始めました!
(利用開始にはbitFlyerのアカウントが必要です。)

 

RELATED POST