メタバースの始め方

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

この記事では、大注目のメタバース、The Sandbox(サンドボックス)を初めて遊んで分かったこと5つのことを解説します。

サンドボックスの始め方、遊び方、操作方法、ルール、基本的な設定に加えて、Quest(クエスト)やContest(コンテスト)の参加方法も紹介!

「あれ?マイクラとそっくり!」と思っている方も多いでしょう。

ハマる方も多いのでは?

先にざっくり結論を言うと・・。

 

初めてのSandbox
  1. 操作が分からなかった
  2. 基本ルールの謎
  3. 全部英語
  4. 抽選券集め
  5. 交流型空間→ゲーム特化

 

以上のような、印象と感想になりました。

このあと、詳しく解説します。

たぶん、この記事を読んでからThe Sandboxを始めた方が「目的」がハッキリするので、やりやすいと思いますよ。

なお、ゲーミングPCくらいの馬力がないと、動作が重たくなるかも知れませんのでご注意を!

Google検索ではThe Sandboxの偽サイトが登場するそうです。

必ず、TwitterのSandbox公式のリンクから飛び、ブックマークしておきましょう!

【メタバース大本命】The Sandbox Alpha Season2がついに登場!
【メタバース大本命】The Sandbox Alpha Season2がついに登場!メタバース大本命、The Sandbox Alpha Season2がついに登場します。サンドボックスとは、ブロックチェーン上で、自由にメタバース、アイテムやアバターなどをNFTで作り遊べ、収益化もできるボクセル系ゲーム。アルファ版は体験版のこと。今回はアルファパスがなくても全て遊べます。...

 

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

大注目のメタバース、The Sandboxの体験版「Alpha Season2」が始りましたね!

初めてサンドボックスを遊んで、戸惑った点があったり、少しずつ理解してきたルールもあったりでした。

まだやったことがない人は、「そうだったのか、なるほど!」と思うハズ。

 

1:The Sandboxの基本操作を覚える

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

W
後ろ S
みぎ D
ひだり A
ジャンプ Space
ダッシュ shift+方向キー
大ジャンプ shift+方向キー+Space
転がる shiftを2回クリック
踊る Tを長押し→踊りを選択
交流する、読む E
マウスロック解除 Enter
設定&終了 O

当たり前ですが、The Sandboxの基本操作を覚えないと、隅々まで探検できません!

PCのキーボード操作になりますが、30分もやってれば慣れます。

マウス移動で視点がかわり、マウスクロールでズームイン&アウト。

まずは一度、すべての動きをやってみましょう。

【遊び方外伝】The SandboxのPC操作がツラい?ゲームパッドを設定しよう!
【遊び方外伝】The SandboxのPC操作がツラい?ゲームパッドを設定しよう!メタバースのブロックチェーンゲーム「The Sandbox(サンドボックス)」をキーボード+マウスでプレイして、操作しづらくて困っていませんか?快適な遊び方として、USBゲームパッドとJoyToKeyを用意し、ボタン割り当て設定をする方法を紹介。サンドボックスのPC操作から解放されるので、めちゃくちゃラクですよ。...

 

2:The Sandboxのルールを知らないと意味不明

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

The Sandboxのルールを知らないと意味不明。

Alpha Season2の始まりのエリア・「Roby(ロビー)」などでは、いくつかの基礎的なことがでてきました。

重要なQuest/クエスト(課題)を教えてくれる所には、黄色の「!」マークが。

ここで、重要なクエストを教えてもらう。

 

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

例えば「このLANDで、4つの重要なポイントを全て回れ!」だったら、ヒントとして、4つのポイントの「位置(方角)」が、画面上に黄色い「ひし形(◇)」マークで表示されます。

ヒントの方角を目安に向かえば、たどり着けます。

重要なポイントは、「光る壁?」のようなもので囲まれて、近づくだけでクリア!

 

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

あとは、高低差1ブロックは勝手に上ってくれますが、2ブロックはジャンプ、3ブロック以上は届きません。

離れた距離へは、「ダッシュからの大ジャンプ」で届く場合があるようです。

 

3:The Sandboxのクエストやコンテストに参加

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのことVOXELITE集め

 

The Sandboxのクエストやコンテストに参加すると、Quest(クエスト)クリアが上がって行きます。

6/10みたいに。(10個中、6個クリア!)

そして、クエストLv.も上がっていきます。

 

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

貯まりきると、Raffle(抽選券)が貰え、Alpha Pass2 NFTが貰える企画に応募できる。

Alpha Pass2 NFTを持っていると、最大で1,000SAND(時価で30万円くらい)が貰えるチャンス!!

 

Alpha Pass2 NFTは日本在住ユーザーには配布されないようで、代わりに違うNFTを用意しているそうです。

条件は不明なので、とりあえずRaffle(抽選券)は集めておきましょう。

 

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのことクエスト完了LANDは緑色のチェックが入ります

 

重要なポイント
  1. 課題をクリア
  2. 各レベル内でクリア数を全て満たす
  3. 抽選券ゲット
  4. できるだけ多く貯めて応募
  5. Alpha Pass2が当たる確率UP
  6. 当選者はシーズン2終了後メールがくる

 

フォン
フォン
3月31日まで開催なので、抽選は4月に入ってからだね。なんか詐欺メールも増えそう・・

 

今のところ、LAND内に入ると黄色い「!」が示すクエストと、VOXELILTE(光る石)を集めるクエストで課題クリアとなっているようです。

LANDが変わればクエスト内容も変わるかもしれません。

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと過去の例です

 

次が「Contest(コンテスト)」です。

平日、毎日開催されており、The Sandbox公式Twitterで内容が発表されます。

難易度も変わってくるようで、かんたんなものは、スクショ(自撮り)を投稿するだけでOK。

応募の中から毎週木曜日に、Alpha Passが当たる仕組み、ドキドキ。

当選者にはメールが来るそうです。

 

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

コンテスト参加例
  1. 課題通りにスクショ
  2. Twitter認証をする(初回)
  3. Contestページから入力
  4. 投稿(応募)

 

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

うまく投稿(応募)がエラーでできない場合は、時間をおいてやるか、コチラから入り直してやってみてください。

Contest内容はどんどん変わっていくと思われるので、毎日Twitter公式をチェックですね!

 

4:The SandboxはSNSというよりは・・

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

The SandboxはSNSというよりは、ほぼ「ゲーム」。

メタバース空間で、SNS的にコミュニケーションを取って、繋がっていく・・、というよりは、個人でゲームをしているイメージ。

オンライン参加型ゲームの個人戦とほぼいっしょ。

日本語でコミュニケーションとりながら、交流型のメタバースを楽しむなら、現段階では「Cluster」の方が、合ってるかもしれません。

ゲーム派ならサンドボックスですね!

 

5:The Sandboxは全部英語

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

The Sandboxをやってみてハードルが高かったのが、全部英語だということ。

なんとなく分かるからよかったのですが、「マウスで文字をコピーして翻訳にでも・・」という動作ができません!

英語表記の看板やNFTの解説、アバターとの会話・・。

英語苦手な人は、かなりキツいと思います。

チャットでも日本語入力は文字化けするので、意味不明に。

 

The Sandboxでメタバースデビューする時にやったこと

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

The Sandboxでメタバースデビューする時にやったことはざっくり、3つ。

まずは、サインイン!(sign in)

 

1:Metamaskの用意

【悩むわ】MetaMask(メタマスク)のインストールとその使い方

 

The Sandboxを始めるなら、ウォレットとよばれるお財布があれば、めちゃくちゃ便利です。

 

役立つポイント
  1. アカウント認証で使える
  2. 報酬を入れておける
  3. NFT、仮想通貨の売買に使える

 

The Sandboxはウォレットを接続して、アカウントを作るイメージです。

ゲームをして稼いだり、ゲーム内でNFTの売買をしたりすると、通貨は「SAND」を使ったりします。

仮想通貨になるので、Metamaskで保管。

OpenseaなどでサンドボックスのNFTを今後、売買するなら、ETH(イーサリアム)もあれば、なおヨシ!

 

Metamask作り方
ビットフライヤーでイーサリアムを買って、メタマスクに送金する方法
ビットフライヤーでイーサリアムを買って、メタマスクに送金する方法他の暗号資産取引所にはない、魅力たっぷりのビットフライヤー(bitFlyer)で、イーサリアム(ETH)を買って、メタマスク(Metamask)に送金する方法を紹介します。口座開設、Metamaskの設定と使い方、bitFlyer LightningでのETHの買い方あで画像付きで解説しています。...

 

2:The Sandboxでアカウントを作る

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

The Sandbox公式から入り「Create account」もしくは「Sign in」

言語も「JP」に変更可能。

さきほど作成したMetamaskを接続。

 

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

メルアドとニックネーム(後で変更できます)を登録で完了です!

「Sign up for Alpha」から体験版に入り、ゲームをインストールします。

 

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

Win/Mac両方いけると公式発表でしたが、Macは不具合が出てるという情報も・・。

 

2:プロフィール設定

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

The Sandboxを始めるなら、プロフィール設定もやっておきましょう。

アイコンサークル→「Setting(設定)」へ。

プロフィール画像は、大きな人影マークから変更可能。

Twitterのアカウント、DiscordのID、ブログ運営しているならURLも入れていきましょう。

自己紹介や名前も、おそらく英語じゃないと、ゲーム内では文字化けするのでは?と考えています。

 

The Sandbox Alpha season 2の今後は?

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

The Sandbox(サンドボックス) Alpha season 2の今後は?

2022/03/05時点では、5つのLANDが公開。

 

次々と新しいLANDが公開されていく

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

公式発表では「35個の体験ができる」とあるので、ダンスイベントなども含めて、公開LANDが増えていくでしょう。

中にはダンジョンゲームやバトルゲームもあるようなので、楽しみですね!

 

クエストをこなしてRaffle Ticket集めよう

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと

 

公開さていくLANDでは、クエストやContest内容がどんどん追加され、内容や難易度も変わっていくでしょう。

Raffle(抽選券)を集めて、できるだけAlpha Pass2が当たる確率を上げましょう!

ワクワク・・。

Alpha Pass2 NFTは日本在住ユーザーには配布されないようで、代わりに違うNFTを用意しているそうです。

条件は不明なので、とりあえずRaffle(抽選券)は集めておきましょう。

追記:2022/03/25

代替案のNFTが発表されました!
→ツイートを見る

 

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かったこと5つのこと<まとめ>

大注目のメタバース、The Sandboxを初めて遊んで分かった5つのこと
まとめ
  1. 基本をマスターする
  2. 全部英語
  3. クエストをこなしてLvを上げる
  4. Raffle(抽選券)を多く集めておく
  5. コンテスト参加でPassが当たる
  6. どんどんLANDが開放される

The Sandbox Alpha Season2は、いわば体験版です。

広大なメタバースの中でも、ほんの一部のエリアを公開しているにすぎません。

本格リリースになれば、無限に遊べそうですね!

約1ヶ月に及ぶシーズン2を楽しみましょう~。

\10,000文字超えのまとめ記事/

 

bitFlyerとBraveで暗号資産をためよう!

【BAT降臨!】bitFlyerの登録/口座開設してBraveと連携する方法暗号資産(仮想通貨)「BAT」が貯まります。
↑クリック↑

bitFlyer

↑クリック↑

ビットフライヤーがビットコインが貯まるクレカを始めました!
(利用開始にはbitFlyerのアカウントが必要です。)

 

RELATED POST