DeFi

【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法

【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法

Astar NetworkをMetamask(メタマスク)で利用する方法をお伝えします。

結論、めちゃくちゃ簡単です。

方法も2つあり、好きな方を選べばOK!

 

こんな人に必要
  1. tofuNFTで利用
  2. 取引所から通貨:ASTRを送金
  3. PENTAに備えたい

 

画像通り設定すれば、あっという間にMetamaskにネットワークの追加ができるので、ご安心を!

それではやっていこう!

ちなみに「ASTR」を購入するには国内の暗号資産取引所でBTCを買って、Binanceで交換するといいですよ。

 

CoincheckでBTCBinanceへ

 

【方法①:自動】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する

【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法画像出典:Astar Network HPより

 

まずは、とってもカンタンな方法で、Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に自動で追加します。

Astar Networkのサイトから「Go to App」へ。

 

【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法 【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法

 

右上の「Connect]→「Select a Wallet」で「Metamask」を選択。

使用するアカウントにチェックをいれて「接続」

 

【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法 【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法

 

「署名」をクリックして「ネットワークの追加」を許可する。

画像でも分かるように、もう自動でネットワークの追加に必要な情報を出してくれている。

 

【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法 【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法

 

「ネットワークの切り替え」も許可する。

これで完了!

 

【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法 【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法

 

Metamaskを起動させると、「Astar Network Mainnet」となっていれば成功です。

 

【方法②:手動】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する

【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法

 

お次は、手動でAstar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する方法です。

こちらの方法が一般的なので、覚えていて損はないですよ。

 

【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法

 

Metamaskを起動させて、現在設定中のネットワークをクリック。

一番下の「ネットワークの追加」

 

【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法

 

ここに以下の情報を入れていきます、コピペでOK。

ネットワーク名 Astar Mainnet
新しいPCR URL https://evm.astar.network/
チェーンID 592
通貨記号 ASTR
ブロックエクスプローラー
URL
https://astar.subscan.io

あとは、保存で終了です。

 

【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法

 

Metamaskのネットワークに「Astar Mainnet」と表示されていれば大丈夫です。

 

Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加しても繋がらないなら

【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法

 

もしも、Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加しても、繋がらなかったり、遅かったなら次の方法を試してください。

【方法①】Astar Networkを既存のRPCで変更してみる

Astar NetworkのRPC URLを他の既存ものに変更してみてください。

 

現在は3つの候補がある
  1. https://evm.astar.network(今回の)
  2. https://rpc.astar.network:8545
  3. https://astar.api.onfinality.io/public

 

これらの中から選んで、「新しいPCR URL」の箇所を変更してみてください。

グッとつながりやすくなるかもしれません。

 

【方法②】Astar Networkを自作のRPCに変更してみる

【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法

 

もう一つの方法は、BwarelabsのBLASTを使って、カスタムRPCを作ってしまうことです。

そんなに難しくないので、以下の記事から試してみてください。

Bwarelabsを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法BwarelabsのBLASTを使ってAstar Networkの自前カスタムRPCを作る方法を紹介します。Metamaskのネットワークの追加の中の「新しいRPC URL」のところで使用してみてください。Astar Networkがうまく繋がらない、遅い場合の選択肢の1つとして覚えておきましょう。...

 

以上、【超簡単!】Astar NetworkをMetamask(メタマスク)に追加する2つの方法の紹介でした。

では、またー。

 

bitFlyerとBraveで暗号資産をためよう!

【BAT降臨!】bitFlyerの登録/口座開設してBraveと連携する方法暗号資産(仮想通貨)「BAT」が貯まります。
↑クリック↑

bitFlyer

↑クリック↑

ビットフライヤーがビットコインが貯まるクレカを始めました!
(利用開始にはbitFlyerのアカウントが必要です。)

 

RELATED POST