DeFi

【難関突破!】VenusにBTCBを預けてBUSDとVAIを借りる方法

【難関突破!】VenusにBTCBを預けてBUSDとVAIを借りる方法

この記事ではVenus(ヴィーナス)にBTCBを預けてBUSDとVAIを借りる方法を解説します。

私も初めてだったのですが、調べまくってなんとか難関突破!

画像つきで解説してみるので、参考にしてください。

ちなみにBTC(ビットコイン)はBinanceからMetaMask(メタマスク)に送金すると、BTCBという名前になるので、BTCと同意と思ってください。

最終目標

BTCBを預けて、それを担保にBUSDとVAIという仮想通貨を借りること。

  • Venusの仕組みに慣れる
  • XVSの年利を考慮する
  • BNBはガス代として使う
  • 借りたBUSDとVAIもMetaMaskに反映させる

 

まだMetaMaskにBTCBとBNBが入ってない人は、先にこっちを読んでくださいな。

【成功!】Binanceの出金でBTCとBNBをMetaMaskに送金する方法
【成功!】Binanceの出金でBTCとBNBをMetaMaskに送金する方法Binanceの出金機能から、BTCとBNBをMetaMaskに送金する方法を試してみました。BinanceからMetamaskにBTCとBNBを送金し、ウォレットの中に「BTCBトークン」と「BNB」を入れます。DeFiに挑戦し、VenusやPancakeswapで仮想通貨を運用するために頑張る初心者アラフォーの記録。...

Binance(バイナンス)を使うには、コチラから登録・口座開設を。

手数料が安くなります。

ぶっちゃけ、Venusとは何なのだ?

ぶっちゃけ、Venusとは?

私も最初はワケが分からなかったです。

素人感覚で一番しっくりきた理解が、『仮想通貨を貸し借りできるプラットフォーム』

販売所・取引所ではないので、Venusで借りた通貨を「送金」という作業で、MetaMaskに送る必要はない。

借りただけで、ウォレットに反映される。

Venusに仮想通貨を預けることができる

Venusは仮想通貨を預けることができます。

銀行のように手持ちの通貨を預けると金利が貰えます。

APYは年利。

例えばBUSDは預けるだけで25.71%の年利がつくことが分かりますよね。(執筆当時で)

XVSはVenusを利用するだけで貰えるトークン(証明のようなもの)で、それ自体も仮想通貨のように取引でき、また年利もつきます。

ワケのわからない仕組み・・。

そのXVSの年利を含まない(付与XVSをOFF表示)させると、各通貨の純粋な預け入れ年利が分かる。

Venusから仮想通貨を借りることができる

「Borrow Market」を選ぶと各通貨を借りたときの利子が表示されます。

返済なので赤字で表示されます。

しかし、Venusの面白いところは、先ほどの「APY Without XVS」の所を「XVS年利も入れる」に切り替えてみてください。

あら、不思議。

貰える年利表示の緑色の通貨がいくつか出てきました!

Venusでは預けたり借りたりすると、その証明でガバナンストークンであるXVSが付きます。

そのXVSの年利も計算にいれると、プラスになる通貨がでてくるのです。

これにはビビった!

たとえば、「XRP」は緑表示の「2.69%」

通貨をクリックすると。

ホンマ、意味不明なシステムだけど「借りると貰えるXVSの年利」が考慮される。

なので、この場合は「6.11%ー3.41%」=2.7%(2.69%)になる仕組み。

銀行にはないよね!?こんなシステム。

ただXVSの市場価値が反映されるので、いつもプラスになるとは限らない。

それが事実に、「APY Without XVS」の所(付与XVSがON表示)でも赤字の通貨もあるしね。

返済金利と貰える年利の数字上のただの引き算なので、この場合、実際に借りたXRPは利子をつけた上で「XRP」として返済しないといけない。

XVSの年利は当然、「XVS」として年利を受け取り、「vote」というページで表示される。

緑表示だからといって、返済時に「XRP」の額が少なくなっているワケではないので、注意!

Venusを使うだけでXVSというガバナンストークンが貰える

Venusの最後の特徴が、ここを利用するだけでXVSというガバナンストークンが貰えるということ。

もう、何度もでてきたけど、貸し借りするだけでその証明(トークン)として貰えるもの。

なんか、正式には運営に口出しできる投票権みたいなものらしいけれど、それが仮想通貨化していて普通に取引ができる。

使い道
  • 他の取引所で違う仮想通貨と交換する
  • 他の取引所で流動性の提供で使う
  • XVS自体を預けて、年利を貰う
  • XVSを預けて担保にして他の通貨を借りる
  • 回収してウォレットに入れておく

pancakeswapなどの取引所で、他の通貨と交換(swap)したり、XVSと他の何かの通貨のペアで「流動性の提供」(LP)をするとLPトークンが貰え、それをまた運用する。

こういった使用目的の他にも、そのままVenusにXVSを預けて年利を貰い、担保にもして他の通貨を借りたりもでる。

MetaMaskなどのウォレットに入れておきたいときは、Venus上から回収しないといけません。

Voteからできます。

MetamaskでXVSが表示されない場合は、カスタムトークンの追加をしないといけません。

XVSのToken Contract Addressはコチラからどうぞ。

【悩むわ】MetaMask(メタマスク)のインストールとその使い方
【悩むわ】MetaMask(メタマスク)のインストールとその使い方MetaMask(メタマスク)のインストール方法とその使い方で手こずったので、記録を残しておきます。初心者には分からないことだらけの仮想通貨。トレードに必要なウォレットの設定と送金方法も紹介してます。シークレットバックアップフレーズは大事!...

いざ、Venusに預ける

では、本番。

まずMetaMaskなどのウォレットに仮想通貨は入ってるよね?

Venusを開くと勝手にウォレットと繋がるはず。

BTCBを預ける

BTCBを預けてみる。

「Supply Market」からBTCBをクリック。

好きな額を入力。

(当時の写真撮り忘れ、哀・・)

初めてやる場合「Enable」と表示されていたら、クリック。

一回だけの作業です。

BTCBの担保設定(Collateral)をする

次に預け入れたBTCBを担保に他の通貨を借りたいので、「Collateral」をONに。

設定するだけでガス代(手数料)を取られる。

これで、準備OK!

Venusから借りる

画像は実際のやり取りじゃないです、ゴメンね~

次はVenusからBTCBを担保に他の通貨を借りてみる。

今回はBUSDとVAI。

預け入れたBTCBの(Supply Balance)の80%が最大で借りられる余力。

黄色のところに「Borrow Limit」として表示される。

BUSDの借り方

当時の画像は撮り忘れ~

まず、BUSDを選択で「Borrow」を確認。

①の「SAFE MAX」を選ぶと先ほどの「Borrow Limit」の40%が表示される。

「欲張らずに安全に借りようぜ!」というSAFEモード。

で、一般的に勧められている方法は、さらにその半分である20%で借りるということ。

なので②のところで、表示された「SAFE MAX」の半分の価格を入力。

③で借りるでOK。

初めてやる場合「Enable」と表示されていたら、クリック。

一回だけの作業です。

借り入れ可能額「Borrow Limit」の約20%のBUSDでとどめておく。

万が一、借り入れ資産であるBTCBが急下落しても影響を受けにくい。

ど素人のおっさんである私も、ビビったので20%にしました。

MetaMaskのトークンの追加。

BUSDのトークンコントラクトアドレス
→0x4fabb145d64652a948d72533023f6e7a623c7c53

VAIを借りる

VAIとはVenusが発行している通貨でステーブルコインと呼ばれるもの。

さっきのBUSDもステーブルコイン。

ドル$と同じ価値で、「仮想通貨界のドル」と思えばOK。

仮想通貨市場がイケイケでも、超下落の大荒れでも、影響を受けずにドルとほぼ同じ値動きをするので、計算ができ安定的に扱える通貨です。

VAIを借りるには「mint」を使う。

「mint」は調べると“硬貨を鋳造する・造幣局”ということらしいので、BTCBを担保にVAIを鋳造するって感じかな。

「Mint/Repay VAI」を選択、左側のフォームを使う。

返済するときは右側の「Repay VAI」でいい。

「SAFE MAX」を選択。

VAIも借り入れ余力を設定する

VAIも借り入れ余力は「SAFE MAX」を設定すると、自動で20%ほどになるハズ。

もともと、「SAFE MAX」を選ぶと「Borrow Limit」の40%が表示されていたので、BUSDで20%使い、そしてVAIで20%です。

「Mint VAI」をクリックしてトランザクションを通しガス代を払えば、完了!

借り入れ金額は「Borrow Balance」として表示されます。

VAIのトークンコントラクトアドレス
→0x4bd17003473389a42daf6a0a729f6fdb328bbbd7

VenusにBTCBを預けてBUSDとVAIを借りるメリットとは?

最後になるけど、そもそもVenusにBTCBを預けて、BUSDとVAIを借りるメリットとはなんだろう?

私も最初は操作を調べるだけでいっぱいいっぱいでした。

普通の銀行だと人間が窓口で対応し、手数料や人件費がかかってるけれど、仮想通貨のVenusのようなDeFi(非中央集権的金融)はプログラムで動いているだけ。

すごいシステムだ!

BTCBを売らなくてもすむ

Venusは銀行機能の「貸す、借りる」に特化したプラットフォーム。

交換所、取引所ではないので手元からBTCBが無くなるワケではない。

BTCBを預けるだけだし、引き出したい時は「Withdraw」でいつでも引き出せる。

いつでも担保を取りやめできて、いつでも借りた通貨の返済操作も可能。

Venusを使うだけで金利(年利)+トークンの付与

Venusを使うだけで金利(年利)+トークンの付与されるなんて、意味不明な仕組みだよね?

預けて年利が付くのは分かるけど、通貨によっては借りても年利が貰える!

普通は「利子つけて返せよ!」でしょ、笑

ホント信じられない。

しかもXVSというトークンも貰えて、それは仮想通貨として売買もできるので美味しすぎる。

その後の仮想通貨の運用につながる

この後、ほかの取引所で仮想通貨を運用していく時に、Venusで借りた通貨が使えるので一気に幅が広がる。

借りた通貨をpancakeswapなどで流動性の提供をして、そこでcakeなどのトークンを貰い、そのトークンをまた運用していく・・。

通貨自体を持っていなくても、“借りた”もので、利益を出していけるシステムは便利。

もちろん、市場価格の変動で担保のBTCBが下落すると借り入れ余力が影響を受けるので、リスクはあるけれど、そのためのSAFE MAXだしね。

次は、いよいよpancakeswapへ!

【PancakeSwap始め方】CAKEを手に入れてパンケーキ職人になる!
【PancakeSwap始め方】CAKEを手に入れてパンケーキ職人になる!PancakeSwapの始め方は初心者にはムズい。イケハヤさんのようにCAKEを手に入れてパンケーキ職人になりたい!ど素人のアラフォーの挑戦。結論できたぞ!余裕だ。画像付きで解説。流動性の提供、ファーミング、Auto CAKEの方法もスッキリ解説!...