DeFi

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

DeFiの一つにpolygon系のDEXで『firebird.finance』があります。

今回は噂を聞きつけ、試しにファーミングに挑戦してみました。

お金ないので、微々たる額ですが、何事もチャレンジ。

polygon系のDEX、『firebird.finance』ってどうなの?という方、参考に。

polygon系DEX『firebird.finance』とは?

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

polygon系DEX『firebird.finance』とは、Defi(分散型金融)の中にはDEX(分散型取引所)がありますよね。

firebird.financeはその一つ。

ただし、イーサリアムのERCやバイナンスのBSCなどの有名なチェーンネットワークでなく、MATICという全く別のネットワークになります。(たぶん、そう理解してる・・)

2021年2月に名前をポリゴン(Polygon)に変更しましたが、プロジェクトのトークンはMATICのままです。

ふーん・・。

polygon系DEX『firebird.finance』の特徴

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

Firebird.FinanceはBSCの元『ValueDeFi 』がPolygonで再出発したものなんだって。

ふーん、やね。

詳しく知らない人間からしたら。

『ValueDeFi 』はハッキングを受けてボロボロだったらしい。

firebird.financeとは
  • 格安のSwap手数料
  • 高いファーミングAPRの提供
  • ステーブルコインのペアでも高いAPR
  • farm、pool、Vaultと一通り揃ってる
  • LPトークンをStakeすると、”HOPE”トークンが付与

polygon系DEX『firebird.finance』の評判

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

polygon系DEX『firebird.finance』の評判はどうなんだろう?

高いAPRとステーブルコインの使い勝手のよさで、Polygon界隈はややざわついてる様子?

ValueDeFiのハッキング被害からの復活に、懐かしくもアリ、危なっかしさもある、そんな感情をもってるようだ。

【方法】firebird.financeの前に、まずはpolygon(MATIC)へのブリッジをする

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

firebird.financeで運用する前に、まずはイーサリアム系で準備した資金(ETH)をpolygon系(MATIC)へのブリッジしないといけない。

私は普段はBinanceを使ってます。

Binanceにあるいろんな通貨を、直接MATICネットワーク上のDEXで運用はできないんだよね。

MetaMaskウォレットに送ってもBSC20かERC20だし。

firebird.financeはMATICネットワーク上にあるんだけど、MetaMaskウォレットにその運用資金を反映させるには「ETH(ERC20)→Polygon(MATICネットワーク)」の移行作業が必要に。

Polygon(MATIC)へのブリッジ:①BinanceでETHを購入する

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

Polygon(MATIC)へのブリッジ、第一歩。

面倒くさいのを我慢してまずはBinanceでETHを購入。

Binanceでの仮想通貨の交換(購入)方法はBinance(バイナンス)でBTCをトレードしてBNBを作る【BSCのガス代作り】で解説。

Polygonを触る人が、読むとは思えないけど、念の為。

→Binanceに口座開設(割引つきますよ。)

Polygon(MATIC)へのブリッジ:②ETHをMetaMaskへ送金

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

できたETHをMetaMaskへ送金。

何度もアドレスや送金チェーンを確認。

凡ミスは避けたい。

これ読んでる人でMetaMaskが分からない人はいないと思うけど、念の為【悩むわ】MetaMask(メタマスク)のインストールとその使い方で書いてます。

Polygon(MATIC)へのブリッジ:③『Sushiswap』でMATICと交換

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

イーサリアム系のDEX『Sushiswap』でETHをMATICと交換。

っていうか、なんでこんな変な名前なの・・?

このあと、ETHはガス代(手数料)としてまだ使用するので、全額交換しないようにした。

額は適当、勘で¥5000円分くらい残して、あとはMATICに。

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・ 【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

MATICはこの後、firebird.financeでファーミングに必要な通貨を用意するための元金になる。

Polygon(MATIC)へのブリッジ:④MetaMaskにMATICネットワークを追加

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

Polygon(MATIC)へのブリッジにめちゃくちゃ必要な、MATICネットワークの追加をMetaMaskでやろう。

MATICネットワーク
  • Network name:Matic Mainnet
  • New RPC URL:https://rpc-mainnet.maticvigil.com/
  • Chain ID:137
  • Currency Symbol:MATIC
  • Block Explorer URL:https://explorer.matic.network/

「カスタムRPC」から新しいネットワークの追加で完了。

上をそのまま記入でOK!

念の為、自分で確認もして!Config Matic on Metamask

Polygon(MATIC)へのブリッジ:⑤『Matic web wallet v2』でネットワークの移行

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

いよいよPolygon(MATIC)へのブリッジ!

赤枠の部分をクリック。

『Matic web wallet v2』を使って、イーサリアム系→Polygon系へ移行。

なんか緊張する・・。

MetaMaskを選択するけれど、ネットワークはまだEthereumメインネットのまま。

MATICネットワークにしないように!

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

 

Ethereum上にあった、さっき用意した仮想通貨MATICを、Matic上(Polygon系)へとネットワークを飛び越え移動させます。

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・ 【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・ 【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

 

トランザクションを通してく。

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

 

できた!10分くらいまったら、無事にMATICネットワークに切り替えたMetaMaskに仮想通貨“MATIC”が反映されてた~。

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

 

出発はBinanceのETHから。

長かった・・。

【方法】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングをしてみた

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

準備もできたので、さっそくpolygon系DEX『firebird.finance』で運用してみた。

2021/06/07の時点では高APRが魅力。

まぁ、あっという間にTVLが跳ね上がって、年利も落ちることは容易に想像できるけど・・。

polygon系DEX『firebird.finance』:IRON3poolを選んだ

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

polygon系DEX『firebird.finance』ではファーミングに「IRON3pool」を選んでみた。

理由は使用する仮想通貨が全てステーブルコインということ。

4種類も混ぜる初めて体験だったのが面白かった。

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

 

ステーブルコインなので、価格は常に安定してる地味な通貨なのに年利がバカ高い。

polygon系DEX『firebird.finance』:仮想通貨MATICから必要なコインを用意

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

polygon系DEX『firebird.finance』では、仮想通貨“MATIC”がメインコイン。

ETHから交換して手に入れてきたMATICで、「IRON3pool」に必要な4つの通貨を順に用意した。

IRON3poolに必要な仮想通貨
  1. DAI
  2. USDC
  3. USDT
  4. IRON

さくさくっとSWAPで交換しまくって用意した。

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

資金のMATICと相談して、各コインを約26枚ずつ用意。

少額やけど、初めてだし、こんなもんでしょ。

polygon系DEX『firebird.finance』:ファーミングしてLPトークンをStake!

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

 

「IRON3pool」→「Add liquidity」→4種類預ける。

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

 

「Approve」してトランザクションを通す。

Approveがぐるぐる回って先に進まない時は、ブラウザのMetaMaskアイコンをクリックして、トランザクション窓を改めて出すと、「確認(承認)」が出るので、見落とさないように!

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

 

貰えるLPトークンが出る→「Confirm supply」

polygon系DEX『firebird.finance』では、流動性の提供(Liquidity)と得たLPトークンのステーキング(Stake)が同じ画面内にある。

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

 

「Stake LP」→Max預けてみる→「Approve」

この時点でAPRは驚異の463.40%だった。

LPトークンをStakeすると、貰える報酬は「HOPE」というトークン。

【Rewards】欄ではClaimできて獲得した「HOPE」がリアルタイムで分かる。

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

Stakeしたそばから、0.25481HOPEが報酬で入った。

『firebird.finance』のホーム画面でも表示され、Harvest(収穫、獲得)できる。

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

polygon系DEX『firebird.finance』:そして12時間たったら・・

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

初めてのpolygon系DEX・・。

初めての『firebird.finance』・・。

12時間たった結果は、APR「463.40%」→「214.48%」

HOPEトークンは0.406ほど貯まった。

そして、HOPEの価格が安い!低い・・。

【結果】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングしてみたら

【詐欺!?】polygon系DEX『firebird.finance』でファーミングすると・・

2021/06/08現在、3つのコトが分かってる。

firebird.financeはどうなの?
  1. 案の定高APRはどんどん落ち着いてくる
  2. 肝心の報酬であるHOPEの価格が鬼低い
  3. ステーブルコインでファーミングするにはおいしい

以上のことから、結局は「HOPE様の価格頼り」なのか・・。

まぁ、ステーブルコインの混ぜ合わせなので暴落の心配はないんだろうけど、報酬のHOPEがどこまで今後伸びていくかやね。

私のような軍資金が小さい人は放置で、遊び半分でいいのかも。

お金持ちは高APRの期間で瞬間的にファーミングして、HOPEを売ってサイナラ~、なのか?

素人にはそこまでは分からん。

HOPEの動向を見守ります。

では、今回はここまで!